発達あるある「反り返る子」






反りかえる子
かなしろにゃんこ。






発達障害がある子の中に幼い頃は抱っこするとエビ反りをする子がいるといいますが、

我家の息子も反るわ反るわ、抱っこしても落ちるんじゃないかというくらい腕の中で体をこわばらせて踏ん張っていました。

活発に歩きはじめると自由になるので目の輝きも増していき、

たまに抱っこしても反り返りはなくなりました。

もう19年前の記憶ですが、あれは子どもがストレスを抜いている瞬間ではないかしら?

自由にならないどうにもならない気持ちを泣くだけでは発散できずに精一杯の筋肉運動で外にエネルギーを逃がそうとする生命活動。

なんせ生まれたてなのに気性が荒い元気いっぱいの子ですから、そうでもしないと有り余るエネルギーでおかしくなっちゃいますからね。

幼児の発育の専門家ではないのでヘタなこと言えませんが、近くで見ていて母が感じることでした。

反りかえる子を育てている若いパパやママを見かけるとエールを送りたくなります。




















2017年10月に新刊出ました~(●^▽^●)

発達障害がある息子リュウ太が反抗期、受験にケンカに告知とADHDの息子とのドタバタな日々をコミックエッセイにしました。
思春期のお子さんんとの対話にお困りの親御さんに是非読んでみていただきたい一冊。

反抗期カバー告知用
うちの子はADHD 反抗期で超たいへん! (こころライブラリー)










かなしろが描いたコミックエッセイや発達障害や思春期の心病気に関するマンガで携わった書籍の紹介です。






utibokohaADHD
漫画家ママの うちの子はADHD
ADHDがあって落ち着きがなく、注意欠陥や衝動性のある息子リュウタと家族のドタバタコミック。










うちの子将来カバー
発達障害うちの子将来どーなるの!?
発達障害がある子の進学、高校の支援、大学の支援、就職活動、就労支援、特例子会社など支援の現状をルポしたコミックです。







「発達障害 うちの子、人づきあい だいじょーぶ!?」
大好評発売中です(自画自賛 笑)。
人付き合いがうまくいかないのには理由があった!発達障害当事者に聞いた人付き合いのアレコレをコミックにしました。
友人、恋人、夫婦関係でお悩みの方に♥
うちの子人づきあい~カバー










ピアノ弾けますか?カバー
発達障害でもピアノが弾けますか?
先月発売されました発達障害がある生徒さんにピアノを指導するピアノの先生のコミックエッセイ。
生徒さんは自閉症に軽度知的障害など様々な特性のお子さんばかり、先生と一緒に困難をのりきりピアノの楽しさを感じていく生徒さんたち。





11sainominouesoudan.jpg
11歳の身の上相談
本文にマンガ描いてます、思春期の子どもの心は?どんなふうに接したらいいの?そんなことが分かる本です。





わたしのこころの声
発達障害のわたしのこころの声
発達障害があって失敗もするけれど仕事も遊びも自分らしく楽しく生きる当事者の声を綴った面白納得の一冊です。
本文の一部で4コママンガを描かせていただきました。





友だちの作り方

大人も知らない「本当の友だち」のつくり方
ティーンズ向けのマンガで読む人付き合いが分かる本!
部活で学年の違う人、やりたいことが合わない人とも揉めないないで活動を進めるコツなんかも読めます。
どうやったらうまく付き合えるの?専門家がやさしくアドバイス。
(^▽^)少女マンガタッチのマンガを描かせていただきました。









スポンサーサイト

発達ナビと現代ビジネスの新しいコラム公開しました。




かなしろです、こんにちは今晩は♡

発達障害の情報サイト発達ナビにて隔週でマンガのコラムを公開しています。

みんなで作る情報サイトです、当事者で悩みのある方やご家族、支援者質問や相談を書き込んでいろいろな人と繋がることもできます。

是非私のコラムも見てください♡たくさん公開していますのでサイト内で検索もできます。

今週のコラムは前回のコラムの続きです、2つつなげて見ていただけたら嬉しいです。





ADHD息子はコミュニケーションが超苦手。「コミュ力UP」ワークショップで得た、会話のコツとは?
wskanashiro2







スムーズな会話に必要なコツをGET!会話ベタなADHD息子のために母奮闘の巻
wskanashiro1





そして現代ビジネスでも只今コラムを連載中です。

こちらもADHDと軽い広汎性発達障害がある息子ネタのマンガコラムです~☆

隔週で土曜日の公開でございます、是非よろしくお願いいたします(^3^)

2月10日公開のコラム ADHDの息子の「スゴすぎるクセ」にどう向き合うかという大問題

私は文章を美しく書くことができないので、最後はプロのライター様に清書していただいています。

マンガ家なのでストーリーを箇条書きすることはありますが自分と編集者が分かればいい程度のレベルで、

読者が心地よく読めるものは書けません(>v<;)

私が打つと誤字脱字やら面白くない真面目な表現の文章になっちゃうんで

清書して、ときには加筆していただいたり面白く打ち直してもらって「読み物」という商品が出来上がるのです。

万人に向けての表現って難しいのですがプロは仕事が早いし正確です。

そういう方々が日本の書籍や記事を支えています、頭が下がりますです♡




んでんで☆
先月はあの「しんぶん赤旗」さんからもマンガコラムのご依頼をいただき4回連載させていただきました、

ありがとうございます。

発達障害がどんなものか知らない人ってまだいると思うので、こんな特性ありますと息子の場合で明るい内容で書かせていただきました。

重たい文章だと読みたくなくなっちゃうものね、障害の特性は当事者にはチョイチョイ重たいですけど(^^;)

なんでも明るく笑って世の中渡っていきたい私です。

息子自身調子がいいときはニコニコ冗談ばかり言ってとっても明るい子なので私の描くマンガもおバカなギャグ漫画のノリで描いています。

発達障害系でまた少ないページ数ではありますが連載の話もいただいたので今年もお仕事頑張ります~♪

最近の楽しみはAmazonプライムでドラマを観ながら仕事をすることなのですが、作業中だけに凝視はできないので耳だけで楽しめるセリフ多めのドラマをチョイスしてます。

湊かなえさん原作ドラマをもっと観たいよ~。






自由人☆伯母さん



こんにちは、かなしろにゃんこ。です。

今日の4コママンガは親戚のおもしろい伯母の話です。



伯母1
かなしろにゃんこ。

伯母2
かなしろにゃんこ。




伯母は10人の兄妹の真ん中、自宅は農家で戦時中?に生まれた。

疎開にやってくる親戚もいる大所帯の中で、とにかく農家でも食べ物は限られていて物の無い時代、

でも伯母は強い自己主張で必ず何でも手に入れていたと10人兄妹末っ子の母からよく聞かされておりました。

自己主張が強いというと、うちの息子みたいだな~、もしかして診断名は無いものの

伯母はもしかしたら発達障害かもしれない?と思うことがいっぱい。

でも昭和生まれの年配の人にもう発達障害がどうかなんてどーでもいい、

ただただ伯母の個性が強すぎて、会うといつも目が離せない。

周りの人がどう生きているかなんて気にしない、

自分は今コレに夢中で全力でやり遂げたいという情熱の塊!

本当にやりたいことをやって正直に生きると成功しやすい、生きやすくて良いといいますが伯母はまさにソレ!

引き寄せの法則みたいなものを実践して真っ直ぐに生きている。

伯母を見ていると「引き寄せの法則とかいうのは本当かもしれない」と感じるのでした。


ただ私の母は伯母にいじめられた恨みがあるのか伯母が苦手みたいだけど、

伯母の経験してきた話はオモシロイ。

娘が伯母の話を聞きたがるから私の母はおもしろくないだけかしら?

伯母のような自由な生き方がうらやましいというのもあるのかな?

実は人の目を気にしないで仕事をすると日本の経済は今よりもグンっとアップするそうです。

日本人は気にしすぎなところありますよね、気にしすぎが業務に影響することもあるでしょうね。

発達障害がある人の中には人の目を気にしなさすぎ(うちの息子も…)な人がいますが、

さて…本当はどちらが正解なんでしょうね?

うまく中を取ったものが丁度いいのでしょうけど 笑

最近私は気にしなくてもいいんじゃないかな?という派に少し傾いています。

もちろんモラルはあっての場合ですが、「必要以上に人を気にしない」このテーマがここのところスゴク気になる。




















本日のイラストとコラム







雪山風景
かなしろにゃんこ。雪山風景画2018年





こんにちは、かなしろです。爆弾低気圧の寒い寒い雪の日になりました、

本日のイラストも寒そうな一枚を仕上げてみました、

見ているだけで寒い!



私の住む地域は10㎝の積雪でたいしたことはないんのですが、それでも雪かきに一苦労…。

家の周りを2回ほどせっせとかいてきましたよ~ \(;´□`)/ハァハァー

軽く吹雪いていて顔に雪があたるあたる、吹雪ってツライんですね…知りませんでした。

午後休講になって帰宅した息子に雪かき手伝うように言ったのにコタツでグーグー寝てばかりで使えない野郎でした 

ヽ(`Д´)ノプンプン。若い男が力仕事しないでどーする プンプン=3

そのうち海なし県の農村のある里山に引っ越して暖炉のある家で暮らしたいなんて夢見てましたが考え直すことに決定。



それはいいとして (●^o^●)

ADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太の反抗期の特性、気づきなどバタバタ親子のマンガコラムを

現代ビジネスで毎週連載しています。

↑こちらからお読みいただけます。

どうぞよろしくお願いいたします (っ´∀`)っ)) ADHDのこんな特性ありんすってエピソード綴っております。


発達ナビでも本日新しいコラム公開いたしました!

ADHD息子はコミュニケーションが超苦手。「コミュ力UP」ワークショップで得た、会話のコツとは?

今回のテーマはコミュニケーション苦手感をどうするか!?についてでございます

こちらもよろしくお願いいたします。( ´_ゝ`))) ペコペコ













かなしろ














現代ビジネスのコラム連載





こんにちは、かなしろです。

現代ビジネスで息子の珍エピソードをマンガ着きコラムで毎週公開しております。

ADHDの息子がわが家で起こした「事件の数々」

昨年7回に渡り連載していたコラムが

ちょい ちょい ちょびっと人気が良かったということで再び連載のお話しをいただきスタートしました。

高学年期から中学受験までの話はうちの子はADHD 反抗期で超たいへん! コミックにも書いてまいりましたが、詳しく描ききれなかった部分やその他の出来事などをコラムで書いてまいりたいと思います。

発達障害がある子(人)ってこんななの!?とドン引きする方もいるかと思いますが、

コミックやコラムに私が書いた息子の話は「うちの子の特性」で他の子(人)は

また違う特性で息子とは似ていないこともありますので

発達障害がある子(人)が皆さんこうなの!?と思わないで見ていただきたいと思います。

変わったところがいっぱいあって健常者の方からすると理解できないかもしれません。

社会に適応できるように日々親子で話し合ったりして社会に大きなご迷惑かけないように頑張っていこうと思います。

いつも読んでいただきありがとうございます♡






ゲンキイラスト0000
かなしろにゃんこ。