FC2ブログ

『うちの子はADHD 反抗期で超たいへん! (こころライブラリー)』 出ました!







発達障害のADHDと広汎性発達障害がある息子リュウ太とのドタバタ育児コミックが出ました!
発達障害と診断されてからの告知や反抗期、お金の遣い方や塾、受験など難しいお年頃の子どもと向き合うがテーマでございます。

発達障害がある子の思春期、反抗期は些細なことでも心が大きく揺れ動いてしまいます。

人間関係のトラブルもたくさん出てきたり、自分の存在ってなんなんだろう?と考えたり、

親の言葉に過剰に反応したりムカついたり、忙しいんですよね。

そんな子供に振り回されて親もヘトヘトになりますよね。

特に受験に向けて焦りだす時期は親子関係は最悪になりますよね、

本日のマンガはそんな受験前の様子です。

本には描かなかった、こんなこともありました!という家庭教師ネタでございます。






家庭教師1
かなしろにゃんこ。
家庭教師2
かなしろにゃんこ。



結局、家庭教師に勉強の指導を受けたのは2回だけでした、

お願いしたい曜日に千葉方面に来れる先生が見つからないとかで待たされ続けて

頭キタから辞めちゃいました、そんなに待ってらんないっての!

多分皆さんが知ってる家庭教師の〇〇〇です。ハイジのCMのヤツではありません。

私も息子と同じく導火線が短い人間ですね…はっはっはっ

いやいやいや~お金返して~と言いたかったけど契約内容に返金はできないとありましたから請求もできず…。

さっさと他の家庭教師サービスを求めることにしました、コツコツ貯めた貯金はすっ飛んでなくなりましたけど、

子どもが受験できない状態にだけはさせたくないという意地みたいなものがありました。

高校受験は子どもよりも親が必死なんですよね、

自分が受験してしまったほうが楽なんじゃないかって思うぐらい 笑。

過去問も見てくれない、やってくれないような勉強キライの子でしたけど、

高校3年生くらいから徐々に真面目にやるようになってきました。

常にスタートがみんなよりも遅いだけなんです、

そのうちやれるようになるのが発達障害がある子の特徴ではないかと思っています。


うちの子新刊みほんし
うちの子はADHD 反抗期で超たいへん! (こころライブラリー) 講談社




これから小学校高学年になるお子さんのいる親御さんや、

受験するお子さんを持つ親御さんに読んでいただけたら幸せです。

「かなしろんちの育児ひでーな…」と笑っていただけるんじゃないかな!えへへ(●^v^●)

マジでヒドイんですよ。ケンカは派手だしね!

コミックの1話2話を発達ナビこちらでご覧になれます。

発達ナビ編集部様がコラムにしてくださいました、ありがとうございます。

発達ナビでも息子リュウ太とのおドジなネタをマンガコラムにして連載しておりますので是非見ていただけたら嬉しいです。



カウンセリングルーム 発達ナビより

振り返ればタラレバばかり…!ADHD息子を1度もプロに任せられなかった、母の後悔






親子喧嘩 発達ナビより


口喧嘩はガチバトル!“思春期ヤロー”に悩む母達へ…ウチの流儀、お教えします(笑)








関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

感想

お久しぶりです。
新刊、待ってました。
この本の為に早く移行が終わらないかズーッと待ってましたから。
さて、今回も楽しませてもらいました。
発達ナビで大まかな出来事を描いて私ったらエピソードや漫画になって知ることもあって改めてリュウタくん、苦労してるなぁとか思ってしまったりも。
それと親子ゲンカは酷くないとは思いました。
別にこんなの普通でしょうとか、思ってしまって逆に笑ってしまいました笑
そして
個人的に印象深かったのは告知エピソードです。
悲しそうな顔をするリュウタくんを見て、自分も少し悲しくなりました。
自分がもしあの年で障害っていうのを告知されたら自分も悲しくなるかなぁって思って。
でも、それでも受け止められるようになったリュウタくんは偉いなーと思ってます。

にゃんこ。先生も今回の本にかける思いとか色々あったと思いますが、改めてお疲れ様と言いたいです。
また、新しい本が出たら必ず読みますね。
では!

Re: 感想

シモ茶様へ

うわっ早速読んでいただきありがとうございます♡幸せです~v-22

え!親子喧嘩あのくらい普通なのですか!?うははは(>▽<)
私自身が親に反抗したことがなかったので、ひどい親子じゃな~って思い込んでいましたが、
よかった~普通で♪
それって私はフツウじゃないってことになりますね、笑
ん?もしかしたら親が支配的で毒親だったかも…。

v-205告知は早すぎたという我家の痛い記録です、
でもなんとなく発達障害というワードを親子で使って慣れて親しんでいます。

コメントありがとうございます、そして本の感想をいただけて本当に感謝いたします。
シモ茶様のコメントで今日はハッピーな日になりましたv-352

新書、拝読しました

おばんでした。

早速、新作を読みました。時間を追うように
エピソードが描かれていてわかりやすいなと
思いました。

個人的には、リュウ太くんがうらやましくも
思いました。なぜなら、彼は割と周りから
受け入れてもらえやすい時代に生まれたからです。

俺の時は…ご想像にお任せします。

とにかく、次回作も顔と首を長~くして
お待ちしております。では、また。

Re: 新書、拝読しました

Issueおじちゃん様へ

v-352新刊を読んでいただきありがとうございます!!
v-238そして感想までいただけて♡感謝感謝でございます。

そうですよね、Issueおじちゃんさんのときは周りの理解が進んでいなかったりする時代、
教師のフォローや行政の支援がまだ育っていないときですよね。

v-22徐々に周りも変わっていっているんでしょうけど、友人同士の関係はどうなんですかね?
子ども同士の関係でも差別とかのなくなる日が来るんだろうか…?と遠い目…。
早いものであと半年で息子も20歳になるので社会性についていろいろ話し合う時期になりました、
うーん、ここからまた大変そうです(^^;)


参考になります

初めてコメント書かせていただきます。
ウチの長男もADHDで、今小5です。いよいよ反抗期に差し掛かり、ちょっとした事でキレるようになって来ました。どう対応したらいいのか分からず困っていた所に正にピッタリの本でした。発達障害関係の本を何冊も読みましたが、「じゃあどうしたらいいの?」という疑問と不安は消えませんでしたが、この本で気持ちが少し楽になりました。障害をオープンにすると明らかに避ける親も実際にいて傷つく事もありましたが、どこも同じなんだなとわかりました。

Re: 参考になります

ペリー様へ


本を読んでいただきありがとうございますv-22
そうなんですよね、じゃぁどうしたらいいの?という、
専門家の御本は発達障害がある子への対応アドバイスが優しい、

そして時間がかかりそうだ!という印象です。
私の育て方は早く子どもが心の成長をしてほしいと少々乱暴です。笑

反抗期の奴らには何を言っても届くのに時間がかかりますよね…トホホ…(><;)
10年後に効いてくるくらいに思っていないとつき合いきれませんよね、ホント。

お互い反抗期の息子を持つ親、ペリーさんと同士ですね!
中学校に入ってからが親子対決本番ですね、キャーコワイし疲れるーーー。
頑張りすぎないようにしてくださいませ♡