『ボクの彼女は発達障害2』のご紹介





こんばんは、かなしろです。

私の新刊『発達障害 うちの子、人づきあい だいじょーぶ!? 』を

読んでいただいた皆様ありがとうございます。

最近宣伝が多いブログですが、今日もご紹介したいコミックがございます~

お世話になっているくらげさんの著書!

ボクの彼女は発達障害2: 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!



僕の彼女は~2




聴覚障害のくらげさんと、発達障害のあおさんは恋人同士、

発達障害がある人が日々の生活でどんなことに困ったり、

なにに怖い思いをしているのか!寺島ヒロ先生のかわい~マンガで描かれたコミックです。

寺島ヒロ先生の描くキャラクターは愛嬌ある動きでみんな好きになると思います

しかし、この本障害のあるカップルのただラブラブしている本ではありません

くらげさんが発達障害があるあおさんをできる限りフォローして、

くらげさんはあおさんから幸せ(徳)をもらっているという印象です。

発達障害がある人をフォローといっても発達障害の支援を専門に学んだりしたことがないとどうやっていいのか分からないですよね、

私も息子が発達障害ですが日々迷いや疑問で何をどうしてあげたらいいのか分からなくなるときがあります。

この本は「あぁ!こんな風に安心させてあげればいいんだ!」とか

「こんな独特な感性にはこんなふうに理解していけばいいんだ」と教えてくれました。

就職する あおさんが履歴書に書いた志望動機の話は面白い!

2巻は就活、就労、就労移行支援の話も充実しており、

マンガの章のあとにお二人の掛け合い漫才のような対談が載っているのも読みごたえの一つです。

これから世の中に出る発達障害があるお子さんにも安心して気軽におススメできるコミックだと思います。

うちも就職する前に息子に読んでもらうぞ!




僕の彼女は~本文



ボクの彼女は発達障害2: 一緒に暮らして毎日ドタバタしてます!


こちらAmazonから抜粋

ついに同棲!新しい発見がいっぱい!日常のエピソードに隠された、発達障害者の理解と付き合い方。
聴覚障害と発達障害のカップルの日常を描くコミックエッセイ第2弾。ついに同棲生活を始めた二人の毎日はトラブル続き。しかしできないこともお互いに補い合って乗り越えていく。就職活動や仕事のエピソードからも発達障害のこと、支援のことがよくわかる。




どうぞヨロピクなのです~(´ω`)









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント