息子のアルバイトその後








陳列バイト1
かなしろにゃんこ。


陳列バイト2
かなしろにゃんこ。





今晩は、かなしろです。

LITALICO発達ナビを見ていただいてブログも訪ねてくださる皆様ありがとうございます。

(発達障害のお子さんを持つ作家さんや当事者の方、また専門家が
発達について記事を寄せる発達障害のポータルサイトです。)

ポチッと( `・∀・´)ノヨロシクです~
LITALICO(りたりこ)発達ナビ


私の息子にはADHDがあり、注意欠陥や衝動性があります、

小学校の頃の診断では広汎性発達障害も少しみられるということでした。

その辺の診断後のことは発達ナビや次にとりかかるコミックに描いていこうと考えています。

発達障害がある子は働いた経験が全くなく状態でいきなり就職するよりも

学生時代になるべく社会勉強のためにボランティア活動や

うっかりミスをある程度許してもらえるような場所でアルバイトをさせるとよいということで、

うちの子も高1から友だちが店長を務めているラーメン屋にお願いして雇ってもらいました。

バイトをスタートする前に子どもの特性を話して理解してもらうことから始めました。

コレは親が根回しですが、傷つきやすい発達障害の子はスタートからミスで怒られて

大きく傷つき社会はコワイとショックを受けたり

将来働くことがイヤにならないように少しくらいの根回しは必要かと思います。

就活の前にバイトで社会勉強を!と教えていただいたのは

前の書籍を出す際に障害者の人材コンサルティング会社の社長に取材したときでした。

その社長さんである石井京子さんの書籍は社会に出るときに必要なスキルとは!?

発達障害がある人が意外と知らない就労、ビジネスマナーのことなど

発達障害の人をよく知る専門家が発達障害の人に向けて働くことってなにか!を発信してくれています。

シリーズで出ておりまして、わが子が就活する前に親子で読んでおきたいおススメ本です。

発達障害の人の就活ノート




























関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

坊主の警策と自分へのご褒美

こんばんは。来月で入社半年を迎えます。今までブラック企業などで萎縮しながら生きてきたので、発達障害と診断されてから約4年間、社会への恐怖と戦ってきました。

今は何とかやれてますが、それでも辞めたくなることは何度も何度もあります。

リュウ太くんはどの道に進むのかはわかりませんが、今のアルバイトなどを経て、お互いに成長できる関係性を作れるようになってもらえたらいいなと思います。

俺もどうなるかはわかりません。それでも、できることを増やして「こいつもおらんと困るわ」と言われるような奴になりたいです。現状で取れる資格や技術を身に着けたいですね。

石井社長のお話は、多くの人に知ってもらえるように工夫されていたという記憶があります。かなしろ先生作の似顔絵からかわいらしい人柄を想像してましたが、頭の回転が速く背筋の伸びた方でした。ちなみに俺は側彎に加え猫背気味です。

ようやく今までの成果が形になるようなので、首と顔を長くしてワクテカしてます。ご自愛なさって、今後も創作活動を続けていただきたく思います。

長文にて失礼しました。

Re: 坊主の警策と自分へのご褒美

Issueおじちゃん様へ

もう入社されて半年が経つのですね、
たまに辞めたいと思うことがあっても続けているのですから忍耐力があるということですよね、
ステキです(^o^)v

どんなときに辞めたくなるんでしょうか?
仕事では報告連絡相談が曖昧になってしまったり相手にうまく状況を伝えられなかったりして
誤解されるようなことがあると落ち込んでしまうことに繋がったりとかイヤな気分になりますよね。
働くことって肉体的辛さがしんどいんじゃないんだよな~と思うこともあり・・・。

息子リュウ太もなんとかバイト頑張ってます
いつもあたたかい声援ありがとうございます♪
自分がいないと回らないな~と感じる仕事だと責任感で頑張れるのだと分かってきたようで、
毎日モンクをいいながらも労働を楽しんでおります。




働くのにもスモールステップだよね

私も段階を経て、徐々に社会人らしくなってきました。

学生時代のバイト→マンツーマンで教えるピアノの仕事→短時間パート経験→現在

…の様な流れで、短時間パートをしていたあたりで、ようやく「自分、社会人になれたな」と感じました。
普通に大学新卒で働く人よりも10数年遅れてきた実感でした。
でも、突然新卒で働いていたら、不適応起こしていたかもしれないし。マンツーマンの仕事から始まったのは丁度良かったのだと思います。仕事は1対1でも、親とのやりとりや、他の先生の立ち振る舞いを見て学んだりできましたから。

学生時代のバイトも、人との関わりが少ないものを選んでやってました。当時診断は受けてないけどずっと対人関係に自覚はあったので。
テスト採点とか、事務の手伝い(電話応対無し)とか、1日で終わる交通量調査(休憩時間にお喋りする能力は必要アリ)とか。

中でも一番良かったのが『リンゴ箱詰めのバイト』でした。リンゴ王国なのですよ~。
基本、コミュニケーション必要ないですが、リンゴがたくさん転がってくるレーンとこないレーンがあるので、周りを見てどこのレーンに手伝いに行こうかという気配りができればOKでした。

Re: 働くのにもスモールステップだよね

さるたこ様へ

そうですよね、いきなり新卒で初めて働きます!なんて人は何もかも分からないことだらけでパニックになってしまいそうですね。
定型発達の子も大変な社会生活のスタートですから発達障害がある人はいろいろなバイトでいろいろな人に慣れておくといいかもですね。
さるたこさんのようにご自分では新卒の人より10年遅れて社会人を実感する感じが結果的に
v-82急がば回れなのでしょね。

マンツーマンで教えるピアノ教室はとてもスキルがいりそうでスゴイな~と思いましたv-22