息子のこだわり

taberu1.jpg
かなしろにゃんこ。


そんなことしたら 女子引くわっっっ!!

このこだわりがあると

食べ物を残す人を悪く言うこともあるので困ります。

(もちろん残すことは良いことではありません)

世の中には食べたくても食べきれず残してしまう人もいるし、

食べ物を残す全ての人を悪く言ってはいけない、

他人のことは見て見ぬふりをしておこう!ということも一緒に教えないといけないのでした。

このルールは絶対!とは伝えずに他のルールが発生する可能性を与えておく必要がありまして、

このこだわりの部分をほぐしてゆくのに時間も手もかかります。

トホホ(つД`)ノ

















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

抜け穴も用意しないとね

我が家でも「必ず〇〇とは限らないからね~」を多用しています。
それに凝り固まってしまうと、人付き合いで困ったことになってしまいますから。

「こういう時は本当はこう考えている人もいるから…」とあまり言っていると、裏事情を暴露ばかりしている親っぽくて、たまに「これでいのか?」と思うときもあるんですが。
それでも言わなきゃ察しないだろうから、その状況における大人の事情なんかも暴露しながら説明しちゃいます。

お友達と遊ぶ約束をしてきた時も、高揚している気持ちをへし折るみたいで申し訳ないのですが「子供だけで約束しても、おうちの都合も考えないとダメなんだよ。もしかしたら、買い物に行こうと連れて行かれて留守だったりするかもよ。留守だった時は、ガッカリして泣いたりしないようにね」と念押し。
…と、最初に何度かギチッと言ったので、最近は言わなくても大丈夫になりました。

Re: 抜け穴も用意しないとね

さるたこ様へ

そーですよね、
いろいろな着地点やいろいろな理由がいっぱいあるんだと伝えていかないと
一方向の見方がクセになってしまうよ~な気がしますよね。

その説明も大きくなって
少し人の話を落ち着いて聞けるようになったから伝えられるようになりましたが、
小学校の頃はてんで聞いてくれなかったので

今ようやく吸収してくれる!と親もはりきってしまい
「何度も聞いたよ!」と
ウザがられてます 笑



俺もそうですわ~

ご無沙汰さんでした。

俺もリュウ太君と同じところがあります。
好き嫌いはほとんどなく、余程体調が悪い時以外は残さずペロリと食べてました。

発達障害が判明する前は、さもありなんと食べ残す人をキツクいうこともしてました。今は少し良くなってますが。

そこの「こだわり」とどう向き合い対処するかが大切なのかなと改めて思い知らされます。

今年で43歳になりますが、この年齢になっても常に人生もんげーハードモードです。

では、失礼します。

Re: 俺もそうですわ~

Issueおじちゃん様

おお!同じでございますかe-68
自分の信念は曲げず、でも他のことは干渉せず目をつぶるということが
若いとできないですよね、えへへ(^^;)


逆に「他人がなにしてても ど~でもいいわ~」って人間になったら
「もっと世の中のことに関心を抱いて熱くなれよっ」ってなりますしね。

この中間で生きていくのって微妙に難しいです。




残さないって当たり前なんですが
美味しいものがなんでも手に入る世の中ではなかなかできないものでしょうね。

腐らせてしまった冷蔵庫の奥の野菜とか・・・
アレはなんか野菜さんに申し訳ない気持ちになりますe-447