物の置き場所ルール

もの管理移動1

もの管理移動2
かなしろにゃんこ。


物を無くすことが多い人と暮らすのはストレスがあります、

決まった位置に物をしまうルールでも

いろいろ無くされてしまいます。

どこに行ったのだろう?と探すと決まって息子の部屋に置いてある。

「まぁ・・・そこにあることは分かっている」という具合です=3

自分で無くしても私に聞いてきます、

この対応がとても面倒くさい!聞こえてないフリでムシしちゃうこともあります。

物を決まった位置に必ずしまっていない人が無くした物を買い直すルールもあります。

無くすことで損だとか、探す時間が人生で大きなロスだと気がついて整頓できれば

障害ではないわけですが、

無駄なく忘れずアクションとることが難しいようなので

ムムム・・・その辺は理解するしかないのね・・・。

でも共同生活している人が全てサポートしてあげる必要もないとも思います。

探し物で慌てているときでも干渉してほしくない場合もあるでしょうから

ほっといたりします。

使った瞬間に片づけを意識して面倒でも一回一回片づけるクセをつけないと

改善できないのではないかと息子を見ていて思います。

私も10代の頃は息子ほどではないにしても同じ特性がありました、

片づけることを常に優先した行動で改善せれていったように思います。

物の位置を絶対決めることが暮らしやすいことを続けて伝えていかないといけない














関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

そうそう、いつもの決まった場所に置かなかった時に限って「あれどこ?」と聞かれますね。

先日、次女が「消しゴム無くした」と訴えるので、とりあえずもう一つ持たせてやったら…

(布製でジッパーのついているポケットが2つついている)筆入れのこっちのポケットから見つかった、と言ってきました。
そこかよ!

そういう私も(スポーツタイプの)磁気ネックレスを、珍しく寝床以外で外したら10日程見つけられませんでした(汗)。

合言葉は「どうせ家の中のどこかにある!」です(笑)。

Re: タイトルなし

さるたこ様へ

さるたこさんの次女ちゃんと同じようなことを
よくやってました 笑
まるで私のこと (^^:)


キッチン用品は
なんでもフックでぶらさげて無くさないようにしています。
何故かどこかへいってしまうゴムベラとか
片方無い箸とか・・・
台所に異次元の穴がありブラックホールのような空間に吸い込まれているのかと思うんです。