中嶋恵美子先生コミックエッセイ


只今わたしは

ピアノ指導者で発達障害の生徒にピアノを教えている

中嶋恵美子先生の中嶋先生のコミックエッセイを描いています。

中嶋先生は国立音楽大学音楽教育学部幼児教育を専攻、

先生のお教室の半数の生徒さんが発達障害がある子です。

(株)ヤマハミュージックメディアから著書が出ております。

あきらめないでピアノレッスン



このコミックエッセイは発達障害のお子さんたちと先生のピアノレッスンを通じたあたたかいショートストーリーです。

ショートストーリーが19本、マンガのページは全150ページです。

そのペン入れがやっと終わりましてバンザーーーイ☆

って・・・まだこれから網トーンの仕上げ作業が残っているのですが

完成に近づいております!

↓こちらがそのマンガの一部でございます。

中嶋先生と編集者さんから公開してもOKよと了承いただきました。

43Pシンジくん
かなしろにゃんこ。

感受性豊かな発達障害の子どもたち、困難を抱えながら先生の工夫したレッスンと共に

音楽の世界を歩んでゆく感動的なストーリーです。

あたたかい描写の表現になるべく定規線ではなく

手書き線でほのぼのした感じに仕上げました。

網トーン作業が終われば納品して、いよいよ発売に向けての編集作業に入りますです~

タイトルはまだ未定のようです、発売は2016年3月かしら~?

中嶋恵美子先生の著書はamazonで発達障害、ピアノと検索していただければ購入できるます。

コミックエッセイが無事発売になりましたら何卒よろしくお願いいたします。

かなしろでした








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント