発達障害のある子とその家族に向けてのワークショップ

げんきイラスト
イラスト:かなしろにゃんこ。



ブログはお休みする宣言をしましたが

告知のご要望を受けましたのでお知らせいたします。

神奈川県で活動されている自助会の

『フルリールかながわ』様のワークショップのご案内です。




「落ち着きがない、集中力がない、緊張が強い」お子さん
「子どもにイライラする、しかってしまう、つい手をあげてしまう」お父さん、お母さん

カラダにふれ、そして、ココロにふれるやすらぎのボディワーク!(とけあい動作法)を
今野先生が楽しくやさしく教えてくださいます。



ゆったりとリラックスし、あたたかいつながりの一体感を感じ、
親と子の絆を深めませんか?




動作法による自閉症児のコミュニケーション、
ADHD児のセルフコントロールの援助に取り組まれている
文教大学人間科学部教授
今野義孝先生ををお招きし
子と親の絆を深めるボディワークショップを開催します!

◆「とけあい動作法」を開発された今野義孝先生から直接教えていただける貴重なチャンス!
◆療育に関わる方、心理職の方等のためにおひとりさま受講枠設定!
◆今野先生のご厚意により受講料を廉価に抑えることができました!



●ボディワーク
身体に働きかけることによって心に好ましい変化をもたらすワーク。

●動作法
身体の動作に働きかけることによって、心身の改善・解決、さらに健康増進を促す心理学的援助法
1960年代後半に成瀬悟策氏(九州大学名誉教授)が創始。脳性まひ児の心理学的リハビリテーションとしてスタート。
1980年代に入ると、発達障害児の情緒・行動のセルフコントロールや、気分障害者や不安障害者に対する援助法としても有効なことが発見される
現在は、自閉症児やADHD児の発達援助、神経症やうつ病の人、肩こりや腰痛などの人、スポーツ選手や高齢者等多くの対象に自分の身体や心を、今以上に自然に、いきいきと機能させるため広く用いられている。

●とけあい動作法
援助する人と援助を受ける人が互いに快適な体験を共有することによって、相互理解やコミュニケーションを深めていく動作法。今野義孝先生が開発。


★日 時
平成27年5月31日(日) 14:00~16:45
受付13:30~
    
★会 場
横浜市技能文化会館(7階和室)
※JR根岸線関内駅徒歩3分
https://gibun.jp/access.html

★定 員
☆親子25組50名
☆大人単独受講10名 
(先着順)
※発達障害とその傾向のあるお子さんとその保護者
※親子の絆を深めたい方(お子さんが発達障害をお持ちでなくてもOK)
※このワークショップに関心のある方
※お子さんの年齢は問いません。

★受講料
☆親子(1組)
一般 3,000円 フルリールクラブ会員2,000円
☆大人単独受講(1名)
一般 2,000円 フルリールクラブ会員1,500円

★講師
今野義孝先生 文教大学人間科学部教授(教育学博士)



お申し込みお問い合わせ先

フルリールかながわ
★e-mailにて下記をお知らせください。
1. お名前(お子さんの年齢) 2.参加人数 3.連絡先(e-mailと電話番号)
e-mail fleurir.kanagawa@gmail.com









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント