島根県立石見養護学校を見学して

本日は出雲市に宿泊しています、

なんと!島根県の邑南町にあります
石見養護学校を見学させていただきました。

小中高のお教室の授業風景や
作業風景を一つずつ丁寧に
校長先生にご説明をいただきましたので、
大変充実した見学でございました。

高校生の工房がとにかく楽しかったです、
お菓子を作る厨房は衛生面のことから
見学に入っていけませんでしたが、
木工や焼き物の工房は作業の邪魔になっちゃうけれど
(^◇^;)じっくり見てしまいました。

商品を作り出す高校生は立派に社会人なのだと感じました。



そして小学校のお教室では

障害のある子どもたちの授業風景に

(T ^ T)私はやられてしまいました。

自立を目指した指導を小学校から行っているのでした!




指導の先生が側にいても、児童や生徒が何か困っていそうで質問したそうにしていても

先生から助け舟を出すのではなく、

児童や生徒から先生に聞きたいことや相談をさせるような指導を目指しているとのことでした。

社会に出てから報告、連絡、相談ができる人になるためなのだそうです。

私は養護学校でどのような指導をしているのか知りませんでしたので、

先生が子どもの自立に真剣に取り組んでいる姿を見て鳥肌が立ちました。




学校の中には一人で生活していくための練習もできる場所がありました、

宿泊訓練室だったかな?マンションの一室の設備が

まるまる学校の中にあるのです。

一人で買い物をして献立を考えてキッチンで調理をするそうです、

洗濯もベットメイキングも全て一人でやるのだそうです。

宿泊するときは先生も一緒なのだそうですが、

先生はご自分のご飯はご自分の分だけ作り、

生徒は自分の分だけ作るという、

完全に自分のことは自分でやる訓練なのだそうです。

子どもの自立に向けた支援に本当にビックリしました。



学校の隣にある寄宿舎でも

自分のことは全て自分でやるように指導をしているとのこと、

(つД`)ノうちの息子ほうが何もできていないと焦りました。



作業風景のことは続編でブログ記事にしたいと思います、

養護学校の生徒さんが作ったステキな作品をいただきましたので

家に戻りましたら撮影してアップします。

焼き物のお皿の粘土に絵を入れる体験もさせていただきました!

その写真もOFF日になったらアップしたいと思います。

( ´ ▽ ` )ノ明日は出雲大社に参拝して

広島空港から千葉に帰りますです〜。

世界遺産の石見銀山が冬季はお休みでして

出雲大社に行くことにしました。

宍道湖やコマーシャルで知った

ベタぶみ坂も寄りたいのですが、

お仕事があるのでとんぼ返りです。

折角、島根県に来れたのに

さ‥さみすぃー( ;´Д`)
















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント