発達障害のある男の子の母親は行ったほうがいいと思った自助会その2

自助会3

「優しい時間」では「ひまわりの会@東京」の高崎恵美子さんが講師で

高崎さんのご家庭のお話にはじまり

女性の被害者支援のことや心を回復させるケアの情報などを教えていただきました。

会の最後に参加者が手をつないで回復の呪文を唱えたときは

(私はヒーリング効果がある感じがして呪文だわ!と思いましたが妖しい術とかではありません 笑)

なんだか涙が出そうになりました。

「やっべーーーー泣くコレ絶対泣くーーーー!」疲れた妻たちの心を回復させる呪文とは

自分が言ってもらいたい言葉を参加者からプレゼントされるという癒しのひと時なのです。

例えば私だったら「にゃんこ、もう仕事バリバリしないで休んでいいんだよ」という言葉を自分に言います、

その台詞を参加者一人一人が私に順番にささやいてくれるのです。

ささやきを聞いていくうちに涙が溢れてしまうのです。

残念なことに実際その場で「私、言われたい言葉が思いつきません」と言ってしまいました・・・

帰りの車中で思いつく女。

自助会に興味のある方は一度参加されてみてはいかがでしょう、

そして前回の記事から引き続き

『発達障害のある男の子の母親は行ったほうがいいと思った自助会』というタイトル記事ですが、

夫がもしかしたら発達障害かも?というお母様にしかオススメできないかもしれないと

今気がつきました。

ご自分が発達障害の場合やもしくはグレーゾーンだと思う人では辛いかもしれないからです。

私は自分が注意欠陥多動性だろうな~というグレーの女ですが、

あまり辛くないんです。

むしろ発達障害の夫あるあるで盛り上がってしまい楽しいとさえ感じました。

同じ立場の人同士で話せる楽しさなのでしょうか、

それと多分私は私で鬱までなったけれど今は症状が軽くなったから

辛い話を聞いても大丈夫だったのかな?

鬱の話は鬱っぽいときに聞くと引っ張られますよね。

私の悩みはどちらかというと「旦那さんはアスペルガー」の野波先生と少し似てる。

経済的なことが大きかったりするのです、夫はね機嫌のいいときは凄くいい人なんです、

前の記事にも書きましたが×イチですから、一度失敗した男は慎重な感じがするんです。

話は戻りまして

何故男の子の母親に行ったほうがいいというタイトルにまでしてしまったかというと、

アスペルガー症候群のある夫の妻が語る夫から言われたヒドイことや暴力、

逆になにもやらない夫やギャンブル夫などの話を聞いていて

うちの子はきっと結婚しても大丈夫のハズ・・・とは全く思えないと感じたからです。

ちなみに自分の特性に気がつき発達障害の当事者会やセミナーなどに参加して

苦手なことも克服しようと努力する当事者の人と

妻達の話す発達障害の夫は別物だと感じています。

SORAさんも「旦那さんはアスペルガー」の著者の野波先生も言っていましたが

「自分はなんにも困っていない夫」というやつで、

夫の周りの妻や子が振り回されて疲れはてるという家庭の困りごとが一番やっかいなのだと感じました。

ですので、発達障害のある方でこの記事をお読みになっていただいている方に誤解してほしくないのです、

自分の特性と向き合って、少しでも苦手なことをできるようにしよう!と

頑張っておられる方のことではないのですとお伝えしたいのです。

妻達が困っているのは、夫が自分の特性や独特の考えに気がつかずに

または気がついたとしても直そうとしないことに妻は悩んでいるのです。





自助会4


でも暴力を振るうから、モラルのない発言で傷つけるから

アスペルガー症候群がある、とか発達障害があると決め付けるのは間違いだと思っています。

発達障害がなくても暴力を振るう人はいるし、モラルの低下した人もいます。

妻達は一緒に暮らしていて夫の行動や言動にアスペルガー症候群の特徴が

いくつもあてはまったりすることから「うちの夫もそうじゃないかな」と思うわけです。

夫に診断を受けてもらうのも一苦労あると思います、

さらっと受けてくれる夫もいれば俺は違う!とかたくなに拒む夫もいますので

妻はそこでも苦労や悩みが耐えませんし、気を遣って生きているんです。

自助会でどんな話が出たかは守秘しなくてはいけませんのでお知らせできませんが、

本当に大変な思いをされている、されてきた方々ばかりで辛いです。

息子にだけは彼女や妻や子どもに優しい夫でいてほしいと思うのです、

まぁ結婚できたらの話になりますが(^^;)

話は先ほどの「息子がこうなったらどうしよう・・・。」に戻りますが、

自分の息子は優しいから大丈夫!なんて思わないほうがいいという思いで

発達障害のある男の子の母親で夫もアスペルガー症候群もしくはADHDなどの特徴があって

悩んでいるお母様には一度行ってみてほしいな~と思うのです。

前の記事でも書きましたが母親にはいい顔するんですよね息子はね、

母親はいつまでもかわいい坊やだと思っちゃう、

違うよね、すね毛が生えたら息子もただの男よね。

うちなんてホントかわいくない反抗期のド真ん中なので毎日イラッとしてます、

あの小さくてかわいかったあの子は何処へ行ったの?

あっという間に反抗期になっちゃう、ということはあっという間に大人になってしまうということか・・・。

他人に、彼女に、妻に、かわいがられる男というものを

自分で研究して作っていかないと簡単に捨てられちゃいますよね。

(女は情が切れたら目も合わせず無表情になり、同じ空気を吸うのさえ吐き気がするほど嫌になるよね、

私の母が父に対してそうなってた、家中の空気が冷えていく冷えてゆく・・・)

息子にはそんなことになってほしくない!

彼女に妻に愛される男でいてほしい!

今から他人と一緒に暮らすための療育?をなにか始めないといけないのかもしれない。

妻達の話を聞いて、息子の療育のヒントがなんとなく見えてきました、

彼女や妻の会話に合わせることや、夫婦に格差はないことや、

我が家で許されていたことは妻や彼女には通用しないことや、

お金を稼ぐだけが父親の仕事ではないことや、

妻が家事と育児をやるものだという考えは通用しないこと、

伝えることは沢山あるのだな~と思いました。

その伝え方をどう言ったら自然に身体に染み渡るように入っていくだろうか?

大人になる男子への上手な伝え方というお手本があったら

心理士の方教えてください!(ToT)

プロに伺うとしたら一時間おいくらなのでしょうか?

ペアレントトレーニングから心理士の先生に相談していない私です

今後、息子に他人との上手な付き合い方や異性との上手な付き合い方などを

どう伝えるかという方法を

どう学ぶかが私の課題です。(ややこしいな)
















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

お久しぶりです。すっかりご無沙汰
していました。

今回は自助会の参加がテーマですが
身につまされる思いでした。

父は発達障害のグレーゾーンではないかと
思います。成人しても困りごととして出な
かったのは、定型に合わせるために血の
にじむような努力が実っただけで、時代
背景もあってヘンクツ者としか見られ
なかったにすぎません。

かなしろ先生の絵にある切れかけ昭和
妻のように、母は耐えてきました。
母は包容力がありますが、父の暴挙には
度々泣かされてきました。

酒癖が悪いだけならいいが、夫婦で出か
けた際に父がブチ切れて母をおいてけ
ぼりにしたこともありました。社会のルール
と自分が決めたルールにはかっちりと
しているが、周囲のことはお構いなしと
いう傾向が発達障害の疑いがあるのでは
と感じずにはおれないのです。

>他人に、彼女に、妻に、かわいがられる男というものを

>自分で研究して作っていかないと簡単に捨てられちゃいますよね。

この箇所は自分にとって身につまされる
想いで読んでいました。

最近まで就活でスランプに陥っていた
せいか、俺は自暴自棄になっていました。

誤認もするし、衝動性も出てしまう。
おまけに薬も飲み忘れがでるなど
悪循環に陥っていました。

俺はくまのプーさんみたいに可愛がられる
キャラじゃありません。せいぜいロバの
イーヨーが関の山です。

もし、こんな俺にも今後彼女が出来、結婚
できたなら、精一杯愛情を注いでいきたい
と思っています。

リュウ太君には、自尊心を保ちつつも、
自分も相手も接しやすい距離感を相手
毎に学んでほしいと願っています。
人間関係の引出しが増えれば、俺のように
いじめや衝突などでジョブホッパーになる
事態は避けられるのではないでしょうか。

恋愛に関しては、異性だけに好かれようと
するとチャラ汚になるので、同性が見ても
好きな女の子との恋の行方を応援したく
なるような存在であってほしいと思います。

ライフステージにおける支援として、恋愛の
SSTなどもあってもいいと考えます。
発達障害児はたいてい、DQNや教師の
ゴマスリクソ野郎どもに恋愛を小ばかに
されるわけですよ。

後付け診断組はとにかく恋愛を諦めてきた
人が多いと思います。だからこそ、恋愛も
人間としての磨き粉として活用すべきだと
考えているのです。

恋愛はコミュニケーション能力を問われる
イベントです。だからこそ、大いに失敗して
学習して成長していけばいいのではない
でしょうか。障害者の恋愛を小ばかにした
DQNが高校時代に結構いたので、今では
ふざけんなって思いますよ。

長くなりましたが、俺は彼女を幸せにする
資格のある男になるために、今は努力
しようかなと考えています。施設では、
後から入ったものに就活で追い越される
クソバカダメおやじですが…。

では、失礼します。

Issueおじちゃん 様へ

お父様がグレーだったかもということなのですね、
うーーん我が家もそんな感じです(^^;)

昔は偏屈者やら頑固者と言われるだけでしたから誤解されることが今よりも多かったのでしょうね。

自分の特性に気がついていない夫の場合は
妻や子など周りが困ることは今も昔も変らないように感じます。

私もカサンドラ症候群の当事者会は耳が痛いものです(^^;)
夫のことよりも息子の特性と重なりなんか心配になります。

Issueおじちゃんさんのようにご自分の特性もわかっていらして、日々発達障害の分析などを行って努力されている方は
カサンドラ症候群のある妻たちの夫で上から目線になってしまう天上天下唯我独尊風の方とは違う感じがします。

恋愛のSSTですが
ホント必要ですよね!
発達障害の人が一般の恋愛コンサルタントに相談するとハードルの高いこと言われたり合わないこともあるでしょうから、

簡単なことから身につけられるSSTがあるといいですよね。
「性」のこともタブーとせず、多少話せるといいですし、
なにか会があるといいですよね。

できたら満員御礼になるようなSSTになると思うのです。
恋愛の相談や勉強会の需要が増えているような気もします。




「サラナ」ご紹介くださってありがとうございます。
夫と子どもはやはりどこかでリンクしますね。
少し前、男性カサンドラさんがいらっしゃいまして、語られる内容に娘を照らし合わせてました。

よく言っているのが、「娘を結婚させることを望んでない」ということ。まあ、結婚を言って来たら、相手にそれとなく特性を話し、ツナさんのマンガ全巻プレゼントし、それでも....っていう方がいましたら、OKを出そうと思ってます。ここ愛知は親が婚活するほどの土地柄なので、こんなこと言ってる私は異端なのですが...........。やはり、娘は可愛いですので、幸せになってほしいし、どう考えても私の方が先に死んで行くわけですし。ただ、結婚=幸せとは考えてません。

Re: タイトルなし

きんぎょ様へ


勝手にきんぎょさんのことを記事にしてすいません、
(^o^;)

> 夫と子どもはやはりどこかでリンクしますね。
私もそう感じました!
息子の悪い部分がリンクする~~と。

夫はもう変えられませんが、(vv;)
子どもはまだ修正の余地があるので
なんとかしたい・・・

カサンドラの妻たちの話は教科書です!

女の子はまだ男子よりも
環境適応能力があるので悩みながらも
なんとか継続した婚姻生活をおくれるような気がします。

わたしもとんでもないドジっ子でしたが、
なんとか石橋をたたいて渡ることの大切さを結婚と育児で学べました。

コメントありがとうございました
(ToT)