カサンドラ症候群かも⁉︎






野波ツナさんの著書「旦那さんはアスペルガー」の新刊を読んで。

アスペルガー症候群のある家族を持つ者が抱える苦悩についてや、
アスペルガー症候群の家族を見守るエピソードが綴られたコミックです。

ツナさんの抱えるものや、カサンドラ症候群についての症状の項目を見て
「アラ!私も全く同じだしー!」と思ったんです!

私は特に家計が苦しくなるところに共感しました、お金の悩みが同じすぎて
「あるあるネタ多いわー」と(^^;; 笑ってしまいました。

金のことばかり言いたくないけれど
生きていくためや子どもを育てるためには毎月お金がかかるわけですが、
そのお金の話を夫に相談しても解決できない悩みというのは悔しさや情けなさや色んな思いが心を蝕んでゆくよね。

結婚したら誰だってお金の悩みは一度や二度あると思うのですが、結婚してから全く消えない!
解決するには家族の協力が必要です、
その協力が途絶えると一人で悩まなきゃならない、


病気になります、ホント。


私も心の支援が欲しいなぁ…と思いまして、
来月「ハーンの妻達」の活動(カサンドラ症候群の人の心のよりどころ)に参加します。

野波ツナさんにインタビューでお会いしたときに私と同じニオイがして
強い人なのかな?と思いましたが
強くなるしかないですよね、
女は子育て中は子どもを支えるために一時的に強くなるだけですよね、

ホントは誰かに助けて欲しいし
たまには寄りかかりたい!


男が考えている以上に
子育てと仕事と家事の両立は大変なんですけどね、
男はきっと同じことやれないでしょうね
(男の人が家事が苦手なのは男女の脳のシステムが異なるから仕方ないか)

仕事しかできないなら
家にお金入れてよ(T ^ T)

こう思うわけです。



なんて考えながら
とても共感したコミックでした!

ツナさんのお嬢さんが家計のことを考えて大学進学を悩む章が泣けました
(T_T)

子どもは親のためなら自分が我慢するべきって思うこともあるよね、
親に苦労させたくないっていう考え大人だわ〜
うちの子には全く無かったな…笑

カサンドラ症候群については
また記事にしたいと思います。





















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント