発達障害のコミック

(・ω・)ノ発達障害関係の本なのにクスッと笑えるコミックのご紹介です。





「僕の彼女は発達障害」
原作:くらげ
マンガ:寺島ヒロ

くらげさんと彼女のエピソードがかわいいマンガで綴られております、
専門家の監修もあり。

よく書かれる発達障害の特性意外の感覚過敏などのことも分かり大変参考になりました。

発達障害の本はまだ発達障害を受け入れる前に
ときには当事者やその家族が現実を突きつけられるような
どんより暗い気分にもなりますが、

このコミックは明るく楽しく読めました、
ご馳走様ッスと言いたくなるおのろけな一面もありますが、
発達障害だって恋愛もするし幸せはあるんだ!のろけて何が悪い!って感じです。
\(^o^)/

私は発達障害の人が早とちりで勘違いしてしまったりする面白エピソードが大好きです、
彼女の午後の紅茶ネタは午後に飲むものみたいなネタをもっと見たいです。
発達障害あるあるネタって盛り上がるものですね(^.^)




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント