オススメ絵本「学校コワイ」

学校コワイ写真

前々回ブログで記事にしました

絵本 よつば もこさん著「学校コワイ」が届きました

写真が少しピントが合ってなくてすいません、

サイズA5、フルカラー、ハードカバーの絵本です。

この本はLD(学習障害)ASD(自閉症スペクトラム)のある

作者のよつばものさんのお嬢さんの「ことば」を集めて本にしたそうです。

発達障害の子どもからみた世界

学校はこんなところがコワイ、

どういうところがコワイのか

学校のルールや些細なことも発達障害の子どもは

こう感じて戸惑っているという内容が書かれています。



そうそう!小学校に入学してから

一つ一つ学校のルールってイマイチ分からなくて困ったよねとか、

なんでみんなは戸惑わずやれるのかな?元気に遊べるのかな?

先生になんて説明していいのか困って言えないことあったよね、

などなど絵本を読んで30年前を思い出しました。

できれば就学前のこの時期に親御さんが読んだり

小学校に通うお子さんと読むのもいいかもしれません。

絵師の かしだ あゆみさんの絵は流行のかわいらしい絵柄と

あたたかい色合いで小学生の子どもたちや学校の先生たちを描いていますので重くない一冊です。

大阪市教育委員会の『はーと&はーと』絵本原作コンクールで奨励賞 受賞作品

絵本には自動再生ソフトも付いています。


購入は↓こちらに情報がございます。


【でこぼこ生活研究所:特集】絵本「学校コワイ」-発達障害の子どもの世界-



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

かなしろにゃんこ。さん

絵本のご紹介、ありがとうございます。

絵を描いてくださったかしだあゆみちゃんは、当時、美大生でした。
主人公の『はるちゃん』とは面識がなかったのですが、たまたま同い年で、ご自身の小学生時代を思い出しながら、描いてくださったそうです。

色のコントラストをしんどく感じる方にも見ていただきやすいよう、絵も文字も色を抑えております。
色合いのことに気付いてくださって、嬉しいです!

絵本製作については素人ばかりでしたが、精一杯知恵を合わせ、気持ちを込めて作りました。

かなしろにゃんこ。さんのところにもお届けできたこと、とっても幸せに思います。
ありがとうございました!

もこ(o^_^o)様へ

著者様から記事へのコメント嬉しいですe-266
こちらこそありがとうございます。

かしださんの描く人物が自然なのは美大で培った技術だったのですね、それに加えてセンスもいいな~と思いました。

お風呂のシーンは
学校に行きたくない子はコレ考えたことがあるかもしれないですね、
お嬢さんの心の内面をここまで理解して掘下げて文章にするお母さんっていないと思います。
親子で作ったステキな本ですe-420



「かなしろにゃんこ。さんのブログで見ました」と、早速ご注文いただきました!
ありがとうございます。

お風呂のシーン…確かに、結構たくさんの方が「自分も同じことをしていた」とおっしゃいます。
そのことを「『風邪をひかないと休めない』と思い込み、結局休むことができない。多数派なら、熱がなくても体温計の温度をあげたり、しんどいふりをしてサボる」とASDの人の真面目さ、律義さを物語るエピソードだと解説してくださる先生がいらして、確かにそうかも…と気づかされました。

また、別の方がこの絵本の手話動画をWEB公開してくれています。
http://www.youtube.com/watch?v=xq9NCBrIseY

絵本という形にしたことで、いろんな展開があり、よりたくさんの方に知っていただけるのが嬉しいです。

もこ(o^_^o)様へ

ふうさんの手話動画拝見しましたーーーe-420
ぐーe-461しちゃいました!

あらはグッドをクリックすればカウントされるのでしょうか^^?

絵本って老若男女いろんな方に見てもらえて
いいものですねi-176

できたらまた二冊三冊と描いていっていただきたいと思います。