生殖医療と子どもの成長 ~市民公開シンポジウム~お知らせ

生殖シンポジウム

妊娠と出産に関心をお持ちのすべての方へ


生殖医療と子どもの成長 
~市民公開シンポジウム~ (教育学研究科・教育学部)

開催日 2013年11月23日 14:00~17:00

開催場所 本郷地区
会場 東京大学伊藤国際学術研究センター
伊藤謝恩ホール

定員 450名 参加費 無料
申込方法 要事前申込
メールにて申し込み :birth-soc@umin.net (お名前、ご連絡先をお知らせください)

プログラム
1 吉村泰典(慶應義塾大学医学部産婦人科教授)   
    「生殖医療の現状と課題」
2 黒田知子(加藤レディスクリニック)       
    「生殖医療と身体の成長・発達」
3 島田隆史(東京大学精神保健支援室)      
    「生殖医療と行動面の成長・発達」
4 廣野喜幸(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
    「倫理面からの検討」
5 総合討論 
司会: 岡井崇(愛育病院院長)
佐々木司(東京大学大学院教育学研究科教授)

本シンポジウムでは、近年の生殖医療の発展と、新しく命を授かった子供たちの成長に関する知見をわかりやすく紹介いたします。
そして生殖医療が子供たちにとってより優しい治療となっていくために、これから必要なことを皆さんと考えて行くことを目的としています。
また技術の急速な発展に伴う生殖医療を取り巻く諸問題についても、皆さんと話し合う機会になればと思います。
市民の皆さんに加えて、出産・育児にかかわる方々、教育職、医療職など、多くの方々に参加していただけることを期待しております。


詳しくはこちらから
生殖医療と子どもの成長 ~市民公開シンポジウム~



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント