「数字と踊るエリ」を読んで

前にブログの記事にもしました オススメ本のご紹介です。


数多くの著書をお持ちでテレビなどメディアのコメンテーターとしてもご活躍の
臨床心理士の矢幡 洋さんの新刊「数字と踊るエリ」の感想です。

矢幡さんが自閉症のお嬢さんに行った独自の療育のことなどが書かれております。
知育材料をご自分で用意されたりする部分が興味深かったのでオススメいたします。

臨床心理士と言っても矢幡さんのお仕事は子どもの発達障害とは畑が違っており、自閉症児の療育が専門ではないため発達障害を持つ子どもの親が抱える困難さは私たちと変わりません。
同じように苦しみ、我が子をなんとかしたいという気持ちで努力されていると分かります。

治るものではないけれど改善するために何をしたのか、ABAの効果は?など
少しずつ改善されたことが分かる一冊であります。

自閉症児療育成功例の記録のような本だと思います。
オススメいたします



数字と踊るエリ 娘の自閉症をこえて数字と踊るエリ 娘の自閉症をこえて
(2011/04/19)
矢幡 洋

商品詳細を見る






だってね読んでて大変さ伝わるの・・・。
子どものことってあきらめられない気持ち、望みがあるならやってみようって思うもの。

自分自身のことには全力になれないけど、子どものことには眠くても疲れてても〆切前でも全力で突っ走れる。
この子がいるから自分の中から力が湧いてくる感じ、
矢幡さんの本に同じパワーを感じた、同じ?いやいやそれ以上の熱があるかもしれない。

お嬢さんが描いた数字にこだわる絵が私は好きです。もっとお嬢さんの絵が見たかったな~
発達障害の子どもの絵って好きなんですよね、うちの息子の絵も車の部品にこだわる独特な絵なんですけど注目するポイントがおもしろいというかアートなんですよね。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント