絵の仕事をして思うこと

12124
マンガと絵の仕事をはじめて20年ちょいたちました。

最初はマンガ家って家でずっと絵を描いていればいいし、

売れるとスゴイ儲かるらしいと聞いて楽と欲を求めてはじめた仕事でした。

日本が景気のよかった頃 16歳の私は小さいイラストの仕事をいただき

縦横5センチのこんな小さい絵なのに3千円ももらえるんだ!と感動しました。

書き方もろくに知らない私でしたがマンガで食べていこう!と調子にのっちゃったわけですが・・・

20年前はマンガ雑誌も次から次へと出版される黄金期で

たいして面白い物が描けない私も生きていけました。

しかし大手出版社で仕事をはじめると画面の演出やストーリー作りでつまずいたりして、

きちんと勉強してこなかったことに後悔したり、あんまり楽じゃない大変な仕事だと分かりました。

新人の頃はマンガのネーム(コマ割してある設計図)は10回やり直しは当たり前でした。

こんなバカな私にも大手出版社のマンガ編集さんは丁寧に話作りのコツや演出を教えてくださいました。

今マンガの仕事を続けられるのは根気よくマンガの命はストーリー作りだと教えてくださった編集さんのおかげです。

売れてはいないけれど、この不景気の中でソコソコお仕事がいただけて

スキな絵で食べていけることに本当に幸せを感じます。

子育てしながら家で稼げる仕事ってそんなにないので、

私にお仕事をくださる方々に感謝でいっぱいです。

来年も子どもに関係する仕事ができるといいなーと思います。



2009 師走 かなしろにゃんこ。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うちの子はADHDを読みました・・・。

昨日 にゃんこさんの本に出会いました。

実は 私は幼稚園教諭をしているのですが 最近気になるお子さんを
お預かりしているので もしや・・・と思い にゃんこさんの絵に惹かれ
なんとなく手にとりました。

内容が 保護者の方の視点からで 大変勉強になりました。
感謝の気持ちを伝えたくて にゃんこさんのブログを開いた次第であります。。。

深い内容なのに 絵が大変可愛らしくて すーっと頭の中に入っていきました。

素晴らしい本を書いて下さったことに感謝いたします。

コメントなどしたことがないので 失礼があるかもしれませんがお許し下さい。
 

v-10ekko様 私の本を読んでくださりありがとうございます!

(^^)感想に感激ですv-238

一年に一度ママ達が先生のマネをして園の子ども達と一緒に半日過ごすイベントに参加して思ったのですが幼稚園の先生ってエライ大変だと感じました。

道徳やマナーなどを毎日繰り返し園児の一人一人に教えなければいけないって、とてもエネルギーがいりますね。

親の代わりに先生達が育ててくださっているのですから本当に感謝です!

全国のお母さんお父さんを代表して言わせてください

ありがとうございます(^^)