お母さんが鬼になる親子喧嘩4コママンガ








母怒りの包丁1

かなしろにゃんこ。

母の包丁2
かなしろにゃんこ。




はい! 醜い! 醜い!

子どもを刺そうとした私は完全に鬼ばばぁですよ~。

でもこの出来事は今では息子と笑いながら話すネタです。

あのときのオカンはマジでヤバかったよね、次言ったら刺すぞって、そこだろオイ」と笑って話してくれるので、

包丁を振り回して息子を驚かしてしまって悪かったな~と反省していた心が少しほぐれます。

うちは大きな喧嘩をするのですが、すぐに仲直りして一時間もすると普通に笑い話をしています。

息子がオモシロイ話をして私に気を利かせてくれるようになったからなのです。

中学までは私に気なんか遣わない子だったんですけど、高校二年くらいから気を遣うことを覚えてくれて助かっています。





一歩間違えたら「自称マンガ家母、息子を包丁で惨殺!」という派手なお題のワイドショーのネタになってしまうところですが、

本気でケガさせようなんて思ってはいません。

少し脅さないとナマイキなくちを閉じないもので刃物をちらつかせ

お母さんの怒りがマックスであることをアピールしているのです。(。▼皿▼)σ




こんなおバカな母と反抗期の息子のコミックエッセイ第二弾が8月発売の予定でウキウキしていたのですが、

編集様から連絡があり「10月になたよん☆」ということで

「むふーーー=3 わての原稿が遅すぎたんじゃな…」と反省していたところでつ。

(´Д⊂ぐすんこ。


いいのこの後はね厚生労働省から下ってきたマンガのおちごとして生き延びるからぬーん。

お国のおちごと☆うれちいな♡ がんばるぬーん。

そんな頭の弱い鬼母のマンガがキレてないですよ!ひどい食べこぼしのADHD息子を“なま温か~く”見守るワケ

やらかし

こちら発達ナビでもご覧になれます、よろちくぬーん|^・ω・)/ ~♪











スポンサーサイト

『うちの子はADHD 反抗期で超!たいへん』原稿






コンニチハかなしろです。

友人の家に鍼灸の若い先生をお招きして順番に施術してもらう会があり行ってきまして

首と二の腕や腰に針をブスリッっとやってもらいました~

ブスリッっといっても、ん?痛くない!針が体に入っている部分が少しポワンッと熱くなる程度でスッキリするからオモシロイ!

ニンニク注射の次は鍼灸とだいぶお疲れちゃんですな…うぬぬ…

次回作の『うちの子はADHD 反抗期で超!たいへん』の書き下しで毎日肩や首や背中の筋肉が凝り固まっていたんですけど、

針をやった箇所はスゴ―――― く体が軽~~!

針は効くな~と感じたのは針を刺さなかった箇所のダル重が砂袋着けているような怠さを感じたのでした。

私の体ホントは砂袋いっぱい着けて歩いてたんだな…今度は全身やってもらわないと満足できん!

鍼灸の先生に指をマッサージして凝りを癒す指マッサージリングもいただきまして、

毎日指のマッサージをして原稿作業頑張ろう!と思うのでした。

指マッサージリング
コレマジで気持ちいいのでお勧めです!指にはめて数回転がすと神経やツボが刺激されて体の凝りにも効くのです☆







うちの子はADHD反抗期で~原稿画像
かなしろにゃんこ。




この画像がその原稿ですが、5分の4は完成したぞい!

『うちの子はADHD 反抗期で超!たいへん』では

見た目が小さくてかわいかった息子が反抗期に突入して豹変!リュウ太と母親のバトルや、

ADHDの特性のせいで何かとイライラする息子に振り回される母が

言い聞かせても伝わらない反抗期の子どもと向き合う日々を描いています。

金遣いの話や友だちとの付き合い方、自分の障害を知ってどうしたかなど盛りだくさんな内容のマンガです☆

我家で起こったエピソードがまたまた本になることができて本当に幸せです。

いつも、かなしろのマンガを読んでくれる皆様、出版社様、編集者様、

本が書店に並ぶまでに助けていただいた皆様に本当に感謝いたします♡

毎年本を出せることの素晴らしさに合掌


ADHDについて詳しく知りたい理解したいという方は

知って向き合うADHDこちらをご覧ください。

知って向き合う~ADHD


かなしろがイラストを描かせていただいたサイトでございます(^v^)











先日、役者をやっている、うちの息子なっちゃん(23歳)と都内の某強力な神社に参拝に行きました、

なっちゃんは舞台の成功祈願で私は本の出版祈願とその後のお仕事の祈願をいたしました。

本が出る前には神様に必ず参拝することにしています