高校卒業とこんなあるあるアル!。






専修高校あるある1
かなしろにゃんこ。

専修高校あるある2
かなしろにゃんこ。



小学校のとき授業中教室を抜け出したりしていたエピソードは、コミックエッセイ「うちの子はADHD」にも書きましたが、

本当なんです!息子は典型的なADHDで、

ずっと机に座って先生の話を聞いて書き取りをしたりすることがツラかったそうです。

今も急に眠くなるとどこでも横になってしまうんだわ…(;□;)

廊下に寝そべって廊下から先生の話を聞いていたマンガは発達ナビのマンガコラムで公開しています。


「教室で集中できない!」聴覚過敏の息子が取った行動とは?


勉強ギライなワケじゃないんだ!息子の「やりたい!」を聞けた日

読んでいただけたら嬉しいな♡


しかし…まさか、排気ガスのニオイや機械音で騒がしく固いコンクリートのドッグの中でも寝ていたとは!

息子、日本中を自分の寝床にできる男かも!






ADHDの情報サイトがオープンしました♡

サイトの中で何十枚かイラストを描かせていただきました。

私のインタビューのページもありますので是非のぞいてみてください。

知って向き合うADHD




厚生労働省の情報サイトでもマンガを書きました。
働き方の正しい労働条件を知って労働者の権利を守りながら無理なく働こう!
マンガで学ぶ労働条件



何卒よろしくお願いいたします。(^v^)v=♪












スポンサーサイト

ADHDの情報サイトがオープンしました。




げんき使用したイラスト加工
「げんき:こんなときどうする」掲載イラストのリメイク:かなしろにゃんこ。




発達障害にまつわるコミックやイラストを書き始めて8年くらい経ちます、

我が子のADHDの特性とドタバタ生活を描いたコミックエッセイからはじまり

少しずつ少しずつ、いろいろな方面から発達障害に関係するお仕事をいただくようになりました。

発達障害がある子を育てているマンガ家ママということもあって

マンガや絵がそんなにうまくないのに書かせていただけることが多く、

いつも楽しくお仕事させていただいております。

発達障害に関係するお仕事は私の生きがいにもなっています。

この度シオノギ製薬様とシャイヤー・ジャパン株式会社様から

ADHD専門の情報サイトがオープンしました!

サイトの中でイラストを描かせていただいております。



知って向き合う1


保護者向けと教育者向けのページがございます。

児童精神科医の先生方など大勢の専門家が監修しているようです。

サイトの情報に誤りがないか厳しく審査をして制作したサイトです。



知って向き合う教員


うちのリュウ太と同じADHDのお子さんがいらっしゃる親御さん、

または教育関係者や支援機関の関係者の皆様

どうぞよろしくお願いいたします。

こちらからご覧になれます。
知って向き合うADHD



我家の息子リュウ太は高校卒業間近な18歳ですが、

ADHDが治るなんてことはないので毎日忘れっぽさと闘っています。

最近は奨学金引き落とし用の口座を作りに行くのを一週間忘れていて、

慌てて銀行に行くが段取りを考えて行動することが苦手なので、

口座開設に必要な持ち物が一瞬分からなくなったりして、定型の子が問題なくできることでも

ADHDの息子はすんなりできません。

「やっぱり腕や手の甲にマジックでメモしたりしなくちゃダメだ!」とぼやいています。

小学校のときは手の甲にメモ書きするの禁止で先生に止められていました、笑。

大人にもなってみっともないけれど手の甲をメモにするのが一番忘れない方法のようです。











本日のマンガ:子どもを怒りすぎるとこうなる









注意怒る1
かなしろにゃんこ。

注意怒る2
かなしろにゃんこ。





一方的に母親が怒ってきたと勘違いして

部屋から飛び出してきて私に怒鳴る息子とのたわいもない話ですいません、

子どもが小さい頃からガミガミと注意しすぎると

こんな被害妄想を持つ子になってしまうんだな~と思いました。

子育てがそろそろ終わる私は息子が小さい頃を振り返って

「いろいろ怒ってきたけど、今思うと息子はたいして悪いことしてなかった気がするな~」とか

「子どもって親のいうこときかなくて当然よね、小さい子には怒らなくてもいいんじゃないかな?」とか

おばあちゃん目線でものを考えるようになりました。

見た目がカワイイ子どもは、もう生きてるだけで親の助けですよ、

存在しているだけで親孝行なんですよ。

これに気がつくのに時間のかかること……。






毎週「発達ナビ」でマンガコラムを公開しております、よかったら見てください
コンビカーが好きすぎる
コンビカーが好きすぎるADHD息子、思わぬ部分が成長しましたw