発達障害がある子の子育てインタビュー






イヤイヤ期逃げる男の子
げんき(いやいや期)使用イラスト:かなしろにゃんこ。


最近このブログにイラストをアップすると勝手に派手な色味に変換されて困る・・・。

書き手はアップされるときの色を考えて調整した画像を用意するから

とってもやりにくいわ、ブログサイトを変更したいと考えるこの頃です。


↑愚痴なので薄くしました 笑






気を取り直して(ΦωΦ)



日経DUALに発達障害がある子の子育てインタビューを載せていただきました。

働くママ&パパに役に立つ情報サイトです。

保育園や学童の情報や学校やレジャーの情報、

子どもの心や体の情報など子育て中のパパママに必須のサイトです。

是非、私の記事と合わせてご覧いただけたら幸いです。

日経DUAL


私はあと二年ほどで息子の保護義務から解放されるのですが、

二十歳といってもADHDがある息子はまだまだ子供・・・。

発達障害がある子の場合、3割幼く計算する方式ですから

二十歳のときは精神年齢は、まだ14歳ってことですか!?

社交性や道徳など教えることがいっぱいです。

機嫌のよいときと悪いときでは態度が180度変わります。

機嫌の悪いとき7割  いいとき3割な割合なので

道徳の話題をする機会も少なく、毎日本当に少しずつ、ちょこっとしか前に進めない。

なので、2年後半後に成人したとしても息子に口うるさくアレコレ言います!

うん、多分言う。

でも親も子供とかかわっている間が華です。

自分のことだけになったときって多分ご飯も作らないし、仕事もあまりしなくなるような気がする・・・。

だからイライラ親子喧嘩をしてムカつくんですけど

私のために息子はいてくれる(生まれた)んだと思ってケンカも楽しんでます。




















スポンサーサイト

『困り感』がある人のためのパステル教室





いやいや期親子
かなしろにゃんこ。




絵を描くのが好きな高校生、または高校生以上の方が参加できる
パステル教室を一日限定で行います。

パステルというカラフルな粉の画材を使って絵を描きます、

はじめての方でも簡単に描けますので、やってみたいという方がいましたら

どうぞよろしくお願いいたします。(^▽^)v

かなしろが一日講師です。

パステルの使い方や絵の描き方など時間がある限り丁寧にお伝えします。

保護者と一緒にご参加いただくことも可能です(保護者の参加費はかかりません。)

お教室の主催は障害がある人の学習や余暇支援をおこなっている『アルセア』さんです。

『アルセア』さんは『生活に困り感を持つ子供や成人のQOL向上を支援することを目的とした団体』です。


パステル教室告知



H28年12月17日(土) 午後1時~3時
場所:神奈川県横浜市青葉台2-8-22 青葉台地域プラザ ボランティアルーム
   (東急田園都市線「青葉台駅」より徒歩5分)

定員:6名

参加費:お一人1500円(材料費)

お申込み:お名前(ふりがな) 、ご住所、電話番号を明記の上
下記の連絡先にメールでお申し込みください。

althaea117@gmail.com