本日のコママンガ「救急車」。




こんにちはかなしろにゃんこ。です。

本日のコママンガは息子が小学校の頃の話です。

それと

みんなで作る発達障害ポータルサイトの『発達ナビ』で

毎週4コママンガを描くことになりました。

5月8日からかなしろのマンガと発達障害の子どもの子育てについて

このブログのような想いなどを綴っていきます。

サイトではいろいろな専門家や子育て体験者の記事の他、

悩みを聞いたり話し合ったりする場でもあるようです。

同じ悩みを持つ同士で癒し合うことも発達障害の子を育てる親御さんには必要なときがありますよね、

是非わたしのマンガもよろしくお願いいたします、

8日の14時から公開だったかな?



litalicotop




こちらからご覧になれます。
LITALICO(りたりこ)発達ナビ



いつもの感じの こんなマンガを公開しますが、

ブログとネタがかぶらないように描いてまいります。

息子はネタの宝庫だから大丈夫か (^▽^;)




本日の4コママンガ
「家具も考えて買おう!」です。




机の角1


机2挫傷文字修正済






頭蓋骨って本当に丈夫なんですね、

息子が鋭利な机の角に後頭部を思いっきり打ちつけたので

血がいっぱい出て部屋の中で転がりながら痛がっていまして

私はもうびっくりで頭蓋骨割れたかも!?と一瞬最悪のことを考えました。

隣の部屋にいた夫を急いで読んで救急に連絡してもらうと

すぐに病院に運ばれました。

その車中で救急の方が「後頭部座礁」と言っていたので

わたしゃ「ひーーーーー割れたか!?」とショックで体が震えていたのですが

「ざ・・・?座礁って?」みたいな、大丈夫なのか?

どんな状態かシロートには分からないので心配でしたが

後頭部の骨が少しへこんだだけでした(^▽^;)ホッ

頭のケガって血がいっぱい出るから本当にビックリしました。

無事でなによりなんですが、10年近く経つ今も

あのときのことを思い出すとツライ・・・

フラッシュバックすることがあります。











スポンサーサイト

衝動性がある子あるある

バランス遊び4コマ
かなしろにゃんこ。


今日の4コママンガは手すりに体を乗せてバランス感覚を味わう遊び、

鉄棒で遊ぶ感覚と同じにとらえているんでしょうけれど

転落事故もありキケンですね((((;゚Д゚)))))))あわわわわ

友だちの家に遊びに行った息子(小5)を迎えに行ったときの出来事で

手すりの上でけっこうな乗り出しだったので驚きました。

「あぁ、今日注意できてよかった、このチャンスなかったら

コイツ死んでるわ」と思いました。

「やりたい!」と思うと「とりあえずやるっしょ☆」とトライする

今は18歳となった息子ですが

きっとこれまでも死にかけたことっていっぱいありそう(´;ω;`)









好き嫌いのワケ

好き嫌いおかず1

好き嫌いおかず2


お前何様だよ!と自分にツッコんでやりたくなるマンガです、

でも私も親になって料理をほぼ毎日作るようになって

親の料理って「かなり創作料理」だったな~と思ったり、

他のお宅のご飯をご馳走になって我家の味はかなり薄味である、

そしてパサパサと艶がないと感じたことからこんなマンガを描いたわけです。

先日母に思い切って料理が好きか?こんだて本などを見て研究したか?とたずねたら

「料理キライだもん、本の説明読むのもキライ」とかえってきた・・・

どーりで!バランスが変だと思った。(美味しくないを柔らかく言っているつもり)

料理が分からいまま母親になってしまい研究する暇もなく

「まぁいいか」と今日まで過ごしてしまったようです。

そういう私もあまり上手じゃありませんが、

「今日の料理」なんかを調べて分量を正確に測って作ったりします。

結婚してからは夫の実家のお母さんの料理が本当に美味しくて

ついつい食べすぎて太りました。

義母はいつも研究熱心な感じがします、

遊びに行くといつも美味しいご飯を作ってくれるので本当に感謝です。

私も義母のように孫たちに「美味しいおもてなし」ができるおばあちゃんになりたい。
































息子のこだわり

taberu1.jpg
かなしろにゃんこ。


そんなことしたら 女子引くわっっっ!!

このこだわりがあると

食べ物を残す人を悪く言うこともあるので困ります。

(もちろん残すことは良いことではありません)

世の中には食べたくても食べきれず残してしまう人もいるし、

食べ物を残す全ての人を悪く言ってはいけない、

他人のことは見て見ぬふりをしておこう!ということも一緒に教えないといけないのでした。

このルールは絶対!とは伝えずに他のルールが発生する可能性を与えておく必要がありまして、

このこだわりの部分をほぐしてゆくのに時間も手もかかります。

トホホ(つД`)ノ