コミックエッセイのお仕事

ぎゅー
かなしろにゃんこ。
本日のイラスト 講談社:げんき(さあ来いイヤイヤ期)本文イラスト









こんにちは
かなしろです。

只今企画進行中の中嶋恵美子先生のエッセイコミックの画を

一部ご紹介させてください。

出版社のヤマハ様と原作者の中嶋先生からOKが出ましたので公開です


画像は中嶋先生からいただきました(^▽^)v

画は私が描いたネーム(マンガの設計図)でございます、

これをもとに原稿用紙に清書します。










中嶋先生エッセイ1
中嶋恵美子先生コミックエッセイ:ヤマハミュージックメディア



軽度知的障害のある女の子や

自閉症の男の子、

中嶋先生のもとでピアノ以外にも大事なことを育んでいくお話です。

実際に中嶋先生のもとでレッスンを受けた生徒さんのリアルなお話で、

いろいろな困難があっても音楽を習わせたいという親御さんの切なる思いなど

構成した私がいうのもなんですが(>v<)あったかいマンガばかりです。

それは中嶋先生が発達障害のある子やダウン症のある子など

一人一人のアプローチに試行錯誤して寄り添った物語があたたかいから





発達障害があるお子さんへのピアノのレッスンのアプローチのご本もございます。

中嶋先生の著書
「あきらめないで!ピアノ・レッスン」ヤマハミュージックメディア
こちらもどうぞよろしくです~
あきらめないでピアノレッスン








スポンサーサイト

カサンドラ状態の妻たち

こんにちは

かなしろにゃんこ。です。

先月の12月に発売された野波ツナ先生の新刊

「旦那さんはアスペルガー 奥さんはカサンドラ」を読みました。

丁度我が家も野波先生のお宅のような状況でありましたので、

読みながら16年の結婚生活を思い出しました。


奥さんはカサンドラ1







奥さんはカサンドラ2


結婚生活の中の困りごとで夫婦間の話し合いができないことや、

私がなんとかしなくちゃ!と頑張りすぎてしまった結果

体調を崩したり、ある日死にたくなったり、

心まで壊れてしまうことなど共感する部分が多い作品でした。

他の家庭でも妻たちは夫のわがままに耐えて頑張っているのだから

私がどっしりかまえて夫をおだてながら接していなければいけないとか

一人でなんとか家庭を立て直そうとか考えておりました。

そしてパートナーを悪く思う気持ちはよくない

それは私の修行が足りないから人を悪く思うのだ、いけない、いけない

もっと心の広い人間にならなければと

毎日本当の自分の感情と逆らったことを考えていましたら

生きていることがつまらなくなってしまいました。

鬱状態でしょうね、

自分の感情に逆らうって難しいこと、本当は夫に怒鳴りたい

なので仕事したり先のスケジュールを考えるときだけ生きていなければと考えるけれど

家庭内では子どもがいても「私いつ死んでもいいのかも」と思うのです。





この本の中で「色のないモノクロの世界にいるみたいな感じがした」という

表現をされてたページがとても印象に残りました。

やべーーー今の私だよーーーー




最近ウキウキすることもないし・・・買い物に行っても欲しい物も浮かばないし、

仕事をいただけることだけは超ウキウキするから、まだ大丈夫かしら?

10年前の燃え尽き症候群のときは壁だけボーっと眺めてたら夕方になっていたり、

テレビが辛くて観れなかったから、今回のはまだ大丈夫かなー・・・。



そして野波先生の本から家庭を円滑に保っていく責任を

妻が一人で抱えることはないのだということを教えていただきました。

これは当たり前のことなのですがパートナーによっては

結婚生活を続けるうちに、この当たり前の考えがうまく働かなくなる思考に

なってしまうこともあるんですね。

夫の無関心な態度や冷たい態度や言動が原因で

鬱状態やプチ鬱を経験されたことのある女性にオススメの本でございます。



離婚?
かなしろにゃんこ。

こんな4コママンガ描きましたけど

まだ若い夫婦には

カサンドラ症候群になったときの解決策は離婚や別居だけではないともお伝えしたいです

夫婦で相談できる機関に出向いたり

夫婦でカウンセリングを受けることや正しい診断を受けることが先だと思います。

安易に離婚せずに

その前になにかできることはないか考えてみることが大事なのかな?とも

思いますが、鬱や体調の悪化がある場合は離れて暮らすこともありなのでしょうね。

私は夫と一緒に暮らすことは問題ないのですが、

生活に関わることや子供への責任なんかは同じ負担を共有したい

ということがあり、先日は夫と今後の生活のことについて話し合ったのでした。

コップに溜まってゆく不満がこぼれないように

こちらの困り感を伝えていくしかないのかな。















発達障害と恋愛、結婚

げんきイラスト
かなしろにゃんこ。


今年も元旦からバリバリ仕事してますたよん。

それすか脳がないのですよ、わたすはね。

只今手がけております書籍の企画なのですが、

うちの子シリーズになりつつある発達障害の本、次は

「発達障害のある人の人付き合いと恋愛と結婚」がテーマです。

発達障害関係の人との付き合いについての本はいくつか存在するのですが、

恋愛や結婚に突っ込んだ当事者の体験が載った本になかなか出合えません。

最初は当事者の女性を取材して

恋も仕事も頑張る女性コミックなんかが描けたらいいな~と

考えていましたが、

講談社の編集者さまから(三年前に)

「恋愛・結婚」のルポものをやりましょう!とお声をかけていただき

女性の体験も男性の体験も、夫婦の結婚生活の話も織り交ぜた内容となりました。

今月からようやくネーム(マンガのコマわり設計図)作業に入れるようなので嬉しいです。

取材にご協力いただいた皆様ありがとうございます。

遅筆な私ですが全力で執筆がんばりますです~





ε===== v(´ゝ`)v新年のご挨拶






明けおめ
かなしろにゃんこ。








ほほほほほほーーーーー

年賀状を刷ろうとしたら

プリンター様がインクつまらせやがったほほほほほーー

プリント〇ックさんに入稿すりゃよかったよほほほほほーー 涙

本日のイラストはブログ用に用意した画像でございます。

ハガキ用の絵は闇に葬ってやります===3 ====3

新年早々グチはいいとして!よいしょっと、

グチは横に置いといてと。

今年もよろしゅうお願いいたします。

今年の抱負は「今現在、動いている書籍の企画をきちんとこなす」です。

それと、「仕事はなるべく断らない!」です。

それと!(いっぱいあるな・・・)

夜型体質を直す!です。

駅前の酒屋で買ったそばからシードルをひっかけて飲酒運転になるからと

自転車を引いて帰宅しない!です。

反抗期のかわいくない息子にも優しくできる母親になる!も入れちゃいます。




もーーーーいいだろ====3




げんきファミリーイラスト
かなしろにゃんこ。