子どもに詐欺や霊感商法などのことを教える



「ついて行ったらこうなった」この本は
潜入取材ネタなんですが、騙されたフリをして調べる話しが面白しろかったので、

子どもが高校生になり活動範囲も広がり年上の方との繋がりも出てきたことだし
世の中にはこんなふうに人を勧誘して騙しお金を巻き上げる団体があるのだと少しずつ子どもに教えることにしました。

発達障害の取材をしていると発達障害の人は人に騙されやすいタイプがいると聞くことがあります。

人を信用してしまうことや、おかしい?と感じても上手に断れないことが詐欺や霊感商法に引きずられるのかな?と思いました。

子どもにはこんな詐欺やマルチ商法、霊感商法があると伝えるだけではなく
断わり方もレクチャーしておくとイイと思いました。

先輩や上司から誘われたときの関係がこじれない断り方や
友だちから誘われたときの断り方などいくつか伝えておくといいのかもしれないですね。

関係がこじれないような断り方ですが、
人を利用してお金儲けを考える人とは関係がこじれてもいいような気もするのですが、喧嘩にならない言い方ができれば◯かな〜
(^◇^;)

相手にハッキリ「自分は間に合ってます」や「興味無いのでその話はお断りします」と言えるようになってほしいのですが、
なるべくなら最初は愛想笑いくらい付けながら断れたらいいのかな。
しつこくされたら真顔で断るという2段階の対応がある。

複数人に囲まれて勧誘や購入を勧められて困ったときは脅迫されているに近いのでその場で警察に連絡するなどしないと逃げられない。

私も17歳の頃に喫茶店で囲まれて購入を迫られたことがあるが断固拒否して2時間後解放されたことがある、
カモにならない姿勢を崩さないことが大切だと感じました。

囲まれて困っていても周りからは楽しく談笑しているようにしか見えない、
誰も助けてくれないですから、そういうときはもう警察に助けてもらうしかないと思いました。

そして友人関係も「自分達の間には金の話は無しで付き合おう」と言えるのがいいですよね、
「お前それはお前もマルチ商法に騙されているぞ」と足を洗う説得までしてしまうと
またそれはそれで関係がこじれるから、
そこまでは介入しないで自分はやらない!いらない!と断るだけでいいのかなと思いました。

勧誘された団体や紹介された商品が本当に気に入って
それが欲しくて必要なのなら購入や入会したらそれは仕方が無いことです。

後で騙された?と思うことも勉強だから
借金を抱えても自己責任として親は手助けをしない!というルールですからね!としています。

上手に断る言い方を教えても忘れちゃうから年に1〜2度伝えて、
子どもが現在進行形で詐欺や悪い商法に関わっていないかコミニュケーションをとるようにしたいです(^.^)


スポンサーサイト

今日の4コマまんが 嘘かホントか


かなしろにゃんこ。







かなしろにゃんこ。


私は霊感とかが無いので
私自身は疲れ金縛りにあうぐらいしか
不思議な体験がありません。

疲れ金縛りは睡眠中に身体が動かなくなり
声を出したくても出せず
動けないまま又寝てしまいます。

たいした体験が無い人生がつまらず
身近な人に不思議な体験があったら教えて欲しいとインタビューのように面白い体験や怖い体験の状況を詳しく聞いて楽しみます。

不思議な体験をした人が身近に意外といるのですが、
中にはこの4コママンガのような
?ホントかな?と思う場合もありますが、
でも面白いからいいか!

そして「私の体験をマンガにしないでよ!」と前持ってネタにされることを阻止する人もいます。

自宅がポルターガイストで騒がしい家とか、猫の幽霊の話しとかマンガにしたら面白いのになぁ〜と思うネタもあるのに残念ですわい。
(言っちゃってるな (ーー;)
マンガにしてないからいいか)






カサンドラ症候群かも⁉︎






野波ツナさんの著書「旦那さんはアスペルガー」の新刊を読んで。

アスペルガー症候群のある家族を持つ者が抱える苦悩についてや、
アスペルガー症候群の家族を見守るエピソードが綴られたコミックです。

ツナさんの抱えるものや、カサンドラ症候群についての症状の項目を見て
「アラ!私も全く同じだしー!」と思ったんです!

私は特に家計が苦しくなるところに共感しました、お金の悩みが同じすぎて
「あるあるネタ多いわー」と(^^;; 笑ってしまいました。

金のことばかり言いたくないけれど
生きていくためや子どもを育てるためには毎月お金がかかるわけですが、
そのお金の話を夫に相談しても解決できない悩みというのは悔しさや情けなさや色んな思いが心を蝕んでゆくよね。

結婚したら誰だってお金の悩みは一度や二度あると思うのですが、結婚してから全く消えない!
解決するには家族の協力が必要です、
その協力が途絶えると一人で悩まなきゃならない、


病気になります、ホント。


私も心の支援が欲しいなぁ…と思いまして、
来月「ハーンの妻達」の活動(カサンドラ症候群の人の心のよりどころ)に参加します。

野波ツナさんにインタビューでお会いしたときに私と同じニオイがして
強い人なのかな?と思いましたが
強くなるしかないですよね、
女は子育て中は子どもを支えるために一時的に強くなるだけですよね、

ホントは誰かに助けて欲しいし
たまには寄りかかりたい!


男が考えている以上に
子育てと仕事と家事の両立は大変なんですけどね、
男はきっと同じことやれないでしょうね
(男の人が家事が苦手なのは男女の脳のシステムが異なるから仕方ないか)

仕事しかできないなら
家にお金入れてよ(T ^ T)

こう思うわけです。



なんて考えながら
とても共感したコミックでした!

ツナさんのお嬢さんが家計のことを考えて大学進学を悩む章が泣けました
(T_T)

子どもは親のためなら自分が我慢するべきって思うこともあるよね、
親に苦労させたくないっていう考え大人だわ〜
うちの子には全く無かったな…笑

カサンドラ症候群については
また記事にしたいと思います。





















続きを読む

創作の日々・・・

毎日同じ部屋でこもって何かしら描いています。

本日はデザイナーのお友だちからCDのレーベル(ラベル紙)のイラストのご依頼をいただきまして
サクサクラフ画を創作しました。

デザイナーなんだけど歌も唄うという多才な友だちがいて
仕事も紹介してくれるしPCソフトのことも詳しいし頼りになる。
人脈の大切さを改めて感じます

CDの発売が楽しみです♪

いろいろなお仕事をいただけることが本当に嬉しいです

いつも描いているまん丸なキャラ以外の絵を依頼されると
ナゼか燃える!

いろいろな素材や画像を見て研究したり刺激を受けている時間はとにかく過集中してしまうのですが、
インスピレーションを受ける最中は心地がいい!

海外のアートとか写真素材とかデザイン関係のページを見ていると癒されていく気がする、
そんなことをしていたら
梅雨でプチうつだったけれど
いつの間にか忘れていった・・・。

多分
人に必要とされているという感覚が何よりも効いたのかもしれない。

そんな今日この頃・・・











落書き
最近の落書き♪ 
近所のお友だちのお嬢さんに贈った絵ですが
絵の内容がヒドイな・・・。