何度も読み返す特性

今日は かなしろです。

「何度も読み返す」について語ります。

仕事柄たくさんの文章に目を通すことがあります、

文章データを送ってもらいPCで読むことがあるのですが

モニターを通してだとなんだか頭に入りにくいので

プリントアウトしたものを読みます。

しかし私は頭が悪いので何度も何度も読まないと

内容のイメージがしにくいことがあります、

なのでイメージするときは頭の中で一度マンガにすることにしました。

私の作ったキャラクターがマンガとして動くと理解しやすいので

絵に変換するといった作業を脳でして理解する感じです、

小説を読むときのような想像する方法に近いです。

しかし発達障害についての専門的な文章ではうまくいかないことがあります、

結局自分の知らない物体や知識には想像は太刀打ちできないのだと感じます。



理科の教科書なんかも科学の項目では実際に目の前で見た実験以外は

信じられないと思うことがありました。

この物質に熱を加えたり他の物質と掛け合わせると

こういう反応が出る!と書いてあっても実際に目にしてみないと

「ほんとかよ?」と納得ができない・・・困った人です。

納得できないと覚えられないという感じでしょうか、

おかげで理科は苦手でした。まぁただのおバカなのですが・・・

文章を理解するのも人より時間がかかります、

それでも作家業を続けられるのは

周りの皆様に支えていただいているからなのです

本当にありがとうございます。

なんでも自分のマンガにして考える方法は

マンガ家の人にはあるものなのか?わかりませんが

こんな脳変換をするかなしろでした。

あ・・・頭の中では実際の私の絵よりはもっと上手い感じなんです






スポンサーサイト