夏の思い出

肝試しのドジ話
スポンサーサイト

夏休みの思い出

下半身を見せる人


夏の思い出というと 神社で缶けりしたり アイドルごっこしたり

蚊に刺されながら外で遊んでいました。

昔からこういうお兄さんはウロウロしていました。

「見せる」と言えば 「じゃぁ遠慮なく見ましょう」と

今思うと・・・

好奇心いっぱいのスキのあるすぎる小学生だったような・・・。

コレも思い出です

お絵かきソフト『SAI』

SAIで色塗り第1号



水彩画に適した色塗りソフト『SAI』を覚え中です。

こちら↑その第1号イラスト

簡単な絵なので

なんとなく下書きして色塗って2時間程度で出来ました。


下書きもスラスラできるし色もスイスイ塗れる

色のにじみも画用紙にじんわり染みた感じに調節できたりと

なかなか便利でした・・・・・・・・が!!

インクを使って筆でイラストボードに失敗しないように

塗っていた緊張感は無い。

昔は下絵をトレーシングペーパーに描いて

トレーシングペーパーの鉛筆の線をイラストボードに

こすって写して、インクで主線をゆっくり引いて描きました。

水をつけ過ぎてにじみすぎて慌てて吸い取ったり

インクを乗せ過ぎて色が濃くなってしまって吸い取ったり

そういうハンドメイドで色を調節して仕上げるテクニックは

失われる。

もし子どもがイラストレーターになりたいから『SAI』を

覚えたいと言ったら・・・

「まず筆でうまく塗れるようになったら使おうね」と言うかもしれない。

仕事では「手書き感がほしいのでデータじゃないのでヨロピク」という

依頼もありますから 

やはりハンドメイドで描ける技術は持っていないといけないなーと

思いました。

でも短い時間でカラーを仕上げなきゃいけない場合は重宝しそうなので

私はバリバリ使おう。

かなり面白いソフトでした。







部活動から学ぶ

我が家のADHDの息子ですが中学に入り

部活動の中で上下関係や仲間との交流を学んでおります。

先輩に暴言吐いて怒られたり、気の合わない子と喧嘩したり

毎日迷惑かけっぱなしでしたが辞めずに続けているうちに

少しずつ先輩や仲間と上手く付き合う方法が分かってきたようで・・・


テニス


長く喧嘩していた子とも まあまあ話す程度になり

団体の中に居て落ち着かなかった小学生時代とは少し違ってきました。

勉強はほとんどできませんが、苦しいランニングや嫌なことから逃げないで

とにかく団体に属して何かを続けるという経験を一つ積んでくれてよかった・・・

私は帰宅部で友だちの家に寄って悪いことばかりしてた人間なので

真面目に運動部で頑張る人たちが理解できなかった中学時代です。

そういうダメな友との交流も普通じゃなくてかなり面白かったけど

やり直せるなら運動部に入って大会目指したりしたいですね。

私と一緒にダラダラ遊んでいた友も今では皆さん良いお母さんになり

あの頃のダラダラした感じはありません(当たり前か^^;)