矢幡 洋さん(臨床心理士)自閉症療育トークセッション

数字
かなしろにゃんこ。




『数字と踊るエリ』出版記念 

お笑い自閉症療育パフォーマンスのお知らせです

矢幡 洋(臨床心理士)

■2011年7月23日(土)19:30~

「療育なんて、単調な反復練習なんだろう」と思っているかた、正反対です。
矢幡洋さんの娘は5歳で自閉症と診断されましたが、父親が考えた数々の楽し いトレーニングによって、小学3年生までに驚異的な回復をとげました。

はたして矢幡さんは、どんな理論にもとづき、どんなトレーニングをしたの か? 療育の大技・小技を実演する笑ってばかりの90分。

あわせて、「なぜ、こんなことに効果があるのか」という最先端の自閉症理論 も、あわせて紹介します。
自閉症をよく知らない方にもオススメのトークセッション。ぜひご参加ください。

☆会場・・・ジュンク堂 池袋本店 4階喫茶にて。入場料1,000円(ドリンク付)
☆定員・・・40名
☆受付・・・1階サービスカウンターにて。電話予約承ります。
ジュンク堂書店 池袋本店 TEL. 03-5956-6111 FAX.03-5956-6100

リンク↓↓↓
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk.html#20110723ikebukuro
池袋ジュンク堂


トークとセッション

この記事のイラストは矢幡さんの御本とは関係なく
かなしろが数字と女の子のイメージで書き下ろしたものです。
久々時間かけて絵描いたなー
スポンサーサイト

数学が苦手な中学生に優しい本

中学1年生期末テスト


中間テストより少し良くなったけど数学がピンチになったので

1から学ばせようと参考書を買いに行ったのですが

ゴチャゴチャしているページばかりでおバカには優しくない。

大人向けの数学コーナーに「何か面白い本があるかも!」と探したら

中学3年分の数学が基礎からわかる本 (アスカビジネス)中学3年分の数学が基礎からわかる本 (アスカビジネス)
(2004/11)
間地 秀三

商品詳細を見る



ありましたよー☆ やたらと やさしい本が!一部を紹介します。

aやbなどの文字式はこういうことなのですよーとリンゴちゃんで

説明してくれる、この小学生並のやさしさ!
数学1年生

(写真が少しボケててすいません)

連立方程式の解き方も エンピツちゃんに消しゴムちゃんの図解で

ほら!こんなにやさしい、そして語りかけるようにソフトな文章なんです。
数学中1

(やっぱり写真がボケちゃってすいません)

-2-3=-5などの正負の計算もこんな感じで大きな図解があります。

1次方程式・因数分解・平方根と2次方程式に

1次関数と2次関数・図形の証明なんかも分かりやすく載っています。

この本売れてるんだなーおくずけ見ると47刷だもん。

数学忘れちゃって子どもに教えられないパパやママにも合うし

高校入ってから中学の数学を基礎からやらないとヤバイと

気がついたお兄さんお姉さんにもイイと思います。

勘違いしやすい数学のルールについても注意点を教えてくれますし

なにより うちの子みたいに授業を聞いてない子どもや

聞いているけどゆっくり覚えたい子どもには助かります。