新年明けましてイラスト

toraneko
明けましておめでとうございマス~


スポンサーサイト

勉強を教える時困ること・・・

12121
只今 冬休みの宿題の算数(小数点)を教えながらやっているのですが・・・

親の説明をゆっくり聞こうとしないので困る・・・

「ボクがききたいのはソコじゃない」と、順序だてて説明する話し方がうっとうしいのか?

うまくいかない計算に対しての怒りをぶつけてくる。

まずストレスを受け止めてあげてからでないと こちらの話を聞かない。

ストレスを出し切ると大人しくなって落ち着いて話が聞けるらしく

数分後には「ふんふん なるほどネ!」と納得して問題を解いてゆくが

三角形やひし形の面積の求め方なんかは2~3日たつと

スッカリ忘れていたりするので又教えます。

私も5年の頃こんな感じで教えてくれる姉や母を困らせていた気がする・・・

覚えてないけど(^^)

絵の仕事をして思うこと

12124
マンガと絵の仕事をはじめて20年ちょいたちました。

最初はマンガ家って家でずっと絵を描いていればいいし、

売れるとスゴイ儲かるらしいと聞いて楽と欲を求めてはじめた仕事でした。

日本が景気のよかった頃 16歳の私は小さいイラストの仕事をいただき

縦横5センチのこんな小さい絵なのに3千円ももらえるんだ!と感動しました。

書き方もろくに知らない私でしたがマンガで食べていこう!と調子にのっちゃったわけですが・・・

20年前はマンガ雑誌も次から次へと出版される黄金期で

たいして面白い物が描けない私も生きていけました。

しかし大手出版社で仕事をはじめると画面の演出やストーリー作りでつまずいたりして、

きちんと勉強してこなかったことに後悔したり、あんまり楽じゃない大変な仕事だと分かりました。

新人の頃はマンガのネーム(コマ割してある設計図)は10回やり直しは当たり前でした。

こんなバカな私にも大手出版社のマンガ編集さんは丁寧に話作りのコツや演出を教えてくださいました。

今マンガの仕事を続けられるのは根気よくマンガの命はストーリー作りだと教えてくださった編集さんのおかげです。

売れてはいないけれど、この不景気の中でソコソコお仕事がいただけて

スキな絵で食べていけることに本当に幸せを感じます。

子育てしながら家で稼げる仕事ってそんなにないので、

私にお仕事をくださる方々に感謝でいっぱいです。

来年も子どもに関係する仕事ができるといいなーと思います。



2009 師走 かなしろにゃんこ。