カサンドラ状態の妻たち

こんにちは

かなしろにゃんこ。です。

先月の12月に発売された野波ツナ先生の新刊

「旦那さんはアスペルガー 奥さんはカサンドラ」を読みました。

丁度我が家も野波先生のお宅のような状況でありましたので、

読みながら16年の結婚生活を思い出しました。


奥さんはカサンドラ1







奥さんはカサンドラ2


結婚生活の中の困りごとで夫婦間の話し合いができないことや、

私がなんとかしなくちゃ!と頑張りすぎてしまった結果

体調を崩したり、ある日死にたくなったり、

心まで壊れてしまうことなど共感する部分が多い作品でした。

他の家庭でも妻たちは夫のわがままに耐えて頑張っているのだから

私がどっしりかまえて夫をおだてながら接していなければいけないとか

一人でなんとか家庭を立て直そうとか考えておりました。

そしてパートナーを悪く思う気持ちはよくない

それは私の修行が足りないから人を悪く思うのだ、いけない、いけない

もっと心の広い人間にならなければと

毎日本当の自分の感情と逆らったことを考えていましたら

生きていることがつまらなくなってしまいました。

鬱状態でしょうね、

自分の感情に逆らうって難しいこと、本当は夫に怒鳴りたい

なので仕事したり先のスケジュールを考えるときだけ生きていなければと考えるけれど

家庭内では子どもがいても「私いつ死んでもいいのかも」と思うのです。





この本の中で「色のないモノクロの世界にいるみたいな感じがした」という

表現をされてたページがとても印象に残りました。

やべーーー今の私だよーーーー




最近ウキウキすることもないし・・・買い物に行っても欲しい物も浮かばないし、

仕事をいただけることだけは超ウキウキするから、まだ大丈夫かしら?

10年前の燃え尽き症候群のときは壁だけボーっと眺めてたら夕方になっていたり、

テレビが辛くて観れなかったから、今回のはまだ大丈夫かなー・・・。



そして野波先生の本から家庭を円滑に保っていく責任を

妻が一人で抱えることはないのだということを教えていただきました。

これは当たり前のことなのですがパートナーによっては

結婚生活を続けるうちに、この当たり前の考えがうまく働かなくなる思考に

なってしまうこともあるんですね。

夫の無関心な態度や冷たい態度や言動が原因で

鬱状態やプチ鬱を経験されたことのある女性にオススメの本でございます。



離婚?
かなしろにゃんこ。

こんな4コママンガ描きましたけど

まだ若い夫婦には

カサンドラ症候群になったときの解決策は離婚や別居だけではないともお伝えしたいです

夫婦で相談できる機関に出向いたり

夫婦でカウンセリングを受けることや正しい診断を受けることが先だと思います。

安易に離婚せずに

その前になにかできることはないか考えてみることが大事なのかな?とも

思いますが、鬱や体調の悪化がある場合は離れて暮らすこともありなのでしょうね。

私は夫と一緒に暮らすことは問題ないのですが、

生活に関わることや子供への責任なんかは同じ負担を共有したい

ということがあり、先日は夫と今後の生活のことについて話し合ったのでした。

コップに溜まってゆく不満がこぼれないように

こちらの困り感を伝えていくしかないのかな。















スポンサーサイト