植物に触れると元気になるのか?


多肉寄せ植え




何ヶ月ぶりだろう? 2日お休みして庭の手入れをしてみました。

疲労困憊で精神的にヤバいな〜と感じまして、

植物や土に触れると元気になるっていうし

夏に元気に咲いていたけれど今は枯れてきた

朝顔やツタ系の花々を片づけて冬用のビオラなどを仕込んでみたり、

土に鶏糞や土壌活性肥料を入れて春用に寝かせる作業をしたところ

身体はえらい疲れた( ;´Д`)

でも心はスッキリ!したような気がします。

落ち葉を集めて眺めたり秋用に仕込んでいた土の発酵具合を確かめたり

とても楽しい。

そして春用の苗を育てる準備をしようと、

リナリアやビオラや花ほたるの種を

種蒔き用のスポンジに仕込む作業がこれまた大変でした。

スポンジに竹串で穴を開けて種を入れるのですが、

細かい種だから小さい穴からこぼれた種をピンセットで穴に入れる。

マンガ描く作業と同じくらい目が疲れたわ〜

(;´Д`A

だけど心はスッキリ!達成感。

仕事ばかりしてたらいかんな〜

人間は適度な休息が必要だな〜

土って柔らかいな〜

ミミズさんが耕してくれているな〜

ダンゴムシさんが枯葉を食べて糞をして

良い土にしてくれているんだな〜とか、

地球の表面の土は小さな生き物や微生物がいて成り立っているのだな〜とか

つかの間の休息ですが

そんなことを考える心の余裕みたいなものができた。

土いじりや植物を触ると元気になるものなのか?謎でした、

私の姉は仕事で疲れて何年間かぶらぶら働かず、

貯めた貯金を崩しながら節約して生活している間

ひたすら植物を育て土をいじり心を穏やかにしていったようで、

植物につく虫や土を這う生き物まで観察するファーブルみたいな人なんですが、

疲れたときは自然と触れ合うのが一番効くと言っています。

科学的な効果云々は分かりませんが、

日焼けも気にせず好きな植物と交わると元気になるそうで、

植物を好きな人には多少効果があるのではないかと今は思います。

太陽の光を浴びることもそれに含まれるのでしょうね。

土を触ることが苦手な人や虫が恐い人には庭いじりは辛いことですから

きっと心はスッキリせず逆にストレスになり向かないでしょうね

σ(^_^;)

そのような方にはストレス解消法にはならないですね。

そういえば都会育ちの人は都会がリラックスする場所だったりするって聞いたことがあります。

私は庭にいろいろな植物がある家で育ったせいかもしれない、

子どもの時代の環境に近いことがリラックスになるのかな?とも思いました。

当分は

春用の苗がイイ具合に発芽してくれることを毎日楽しみに過ごせそうです。

最近病んでたかなしろのたわいのない日記でした。





















スポンサーサイト

UTオリジナルTシャツが届いたぞなもし~♪

オニューの眼鏡

今晩は♪かなしろです。

おちごとの納品した後は疲れきって昼まで起きれません、

息子(17歳)は用意したお弁当を持って静かに学校へ行くらしく

ダメ母は朝グーグー寝ていたりします。

連日、目が開かない・・・眼精疲労ね・・・

主治医がね眼鏡が合わないのも原因じゃないの?って言うからね・・・

この度お店の人を困らせながら「あーでもないこーでもない」と

レンズの調整を一時間ほどしてもらいました。

やな客だな・・・。

運転や普段の日常は裸眼なのですが、作業中だけは眼鏡が必要です。

(><)5年経過すると眼鏡って合わなくなるんですね。







そんな目の困りごとを抱えている中、

ユニクロさんのオリジナルTシャツをリリースした中の一つを頼んでみまして、

やっと届きました。






工場Tシャツ画像小


工場Tシャツ画像大サムネイル用




暗い生地の上にプリントした場合、色がちゃんと映えるのか?と心配しましたが

ネイビーカラーの生地にプリントする際に生地に白の下地色を置いてからプリントしているようです、

ホワイトのTシャツのときのプリントとはまた異なるインクの素材感はそのでいでしょうか?

生地がブラックやネイビーでもきれいにプリントされてイイ感じです。

↓こちらがTシャツに使った元画像でございます。





ドッグ



ご自分のペットの写真やデザインしたイラストなどをリリースして皆さん楽しんでいるようですが、

今現在アプリの機能の問題で全ての作品が見れない状態です、

面白いサービスなのでUTのアプリのSNSのサービス機能を早く使えるようにしていただき、

デザイン検索がサクサクと軽くなってくれるとありがたいです。

ヤフオクのカテゴリーみたいになってくれると見やすいな~などと思いつつ過ごしています。













母は万年眠い、麹(甘酒)パワーでのりきる。

げんきイラスト
講談社「げんき」の記事内で使用したイラスト:かなしろにゃんこ。


なんでしょうね、すっげ毎日眠い・・・

世の中の子育て中のお母さんはだいたい毎日眠いですよね。

子どもが大きくなってもまとめて眠ることができないものなのですね、

乳飲み子を抱っこしていたときは「15年後は楽になるはず・・・」と信じていたのにな~。

10年前なら仕事がくそ忙しくても家事も育児も両立できたのですが、

40歳になった途端に夕方はまぶたが閉じてくる~~

もう夕飯作るときには眠くて気持ち悪い日もある~

息子のお弁当の用意とか

もうくじけそうになる~(>△<)

なんとか元気を夜まで繋げたいので

飲む点滴といわれる甘酒をショットグラスに一杯ひっかけています。

アルコール成分のない、加糖のない米麹から作った甘酒!というのが一番いい感じ。

加糖のないものでも麹の甘さが充分なので甘酒と牛乳を割って飲むと

すっげーーーーー美味しい!

一週間ほど続けていますが

肌の調子がすっげーーーーイイです。

麹さんの力で腸が整ってきたのかしら?

塩麹+牛乳+ホットレモン液 この組み合わせも美味しいです!

眠くなったら太らない程度に少量の甘酒ひっかけていこう

いつまでもその美しさを保ちたい

そこのお母さん!

すぐ甘酒少量で試してみてーーーー!

ニキビに悩む中高生にも

もしかしたらノンアルの甘酒なら肌の調子にいいのではないか?と思ったので、

少しニキビの残るうちの息子で試してみたいと思います。

息子(16歳)は実験体(^▽^)














取材続いてます(^v^)

コミックの書き下ろしのお仕事やゲーム関係のお仕事をいただいており
ありがたいことに☆このところ休みが無く、
ヒャーヤスミテー(嬉しい悲鳴)

ちょっとリフレッシュできてなくて辛いな・・・と思っていたのですが
先日コミックの取材で博多と佐賀県武雄市に行く機会がありました。

私は旅行など足を運んだ場所に神社があると
ついぶらりと寄りたくなる神社マニアです。

宗教などは全く興味が無いのですが、
日本の神様だけはなにか
子どもの頃から神社で遊んでいたせいか惹きつけられます。

博多といったら近くに学問の神様である
菅原道真公の大宰府天満宮に行くしかないだろう!と
ウキウキです。

大宰府天満宮では学業成就のお守りもですが
ナゼか御神酒が欲しくなり購入!

おつむの悪い息子の頭をこの御神酒で洗おーっと、
ついでに私の頭も・・・。

神社に行くとなんかテンションが上がりウキウキするのでした。





次の日は佐賀県で取材です。

大楠木


武雄市でググルと古墳に古代の城跡に

樹齢3000年の大楠があるパワースポットがるというので

ここまで来たら こりゃ行けなきゃソン!ってことで

取材の前に大急ぎで佐世保線の電車に乗って
大楠のある武雄神社へと向かいました。



みどり

車窓からの眺めは佐賀県の麦畑が黄金に光美しく
火山灰のせいでしょうか?畑の土が灰色系で栄養豊富なのではないかと思いながら
実った穂の美しさに見とれました。

武雄神社

こちら樹齢3000年の大楠のある武雄神社です、
武雄温泉駅から歩いて10分のところにありました。

境内の裏に林の遊歩道がありその奥に大楠があります、
写真ではその大きさがなかなか伝わらないかもしれませんが
それはそれは立派で神々しい大樹でありました。

大楠の側にはこれまた手入れされた美しい竹林が広がっております。


竹林


あー神様ここにいそう・・・、うん・・・この樹の林にいそうとか思いながら
森林欲してきました。

神様の話からお金の話になりますが
この武雄神社から駅に向かった方に宝くじ売り場があります、
そこの売り場は当たる売り場らしく数々の当選を出しています。

売り場にはもちろん武雄神社の御札はしっかりと奉られております、
小高い場所にある神社からの駅の方を見下ろしたときに、
ここは宝くじの売り場まで神社の氣が通り抜けて行く感じがしまして

あの売り場には神様のパワーみたいなものが伝わっていたりして・・・
などなど考えて一人でワクワク。
その後の取材で発達障害の支援のよいお話しを聞かせていただきました。
マンガに書き起こしてお伝えしたいです、早く書き起こさねばっっっ!

そして道中の佐世保線沿線には吉野ヶ里遺跡があります、
そこにも行きたかった・・・
また今度ゆっくり佐賀県巡りしよう。
佐賀県は空気も自然も田畑も美しいところでした。


ちなみに博多に到着する前に飛行機が玄界灘の上で高度を下げたときに
初めて上からですがイルカの大群を見ました、

何百というイルカちゃんが幼児のプール遊びのようにバラバラに遊んでいました、
もぐったり顔を出したりを繰り返すイルカちゃんたち・・・かわいい☆
水族館のイルカしか見たことなかったから嬉しかった、
もっと見たいからあと少し高度を下げて留まってください!と
飛行機にお願いしたいくらいでした。

その後ネットで検索しましたら玄界灘でイルカウォッチングできるのですね、
ひーーーステキ☆
これも今度是非やってみたい。






フェイクスイーツ再び

かなしろの姉が作ったフェイクスイーツの紹介です。

創作を初めて一年くらいでしょうか

最初は私が趣味でエポキシ樹脂などのプラスチック工作をやりたくて

材料を集めておりました。

姉にフェイクスイーツ用の粘土などを勧めたところ

メキメキと腕を上げる。





フェイクスイーツ3







フェイクスイーツ3







フェイクスイーツ1




写真1のタルトは直径5センチくらいでブローチ台に付けてあります。

クリップ金具とブローチ金具がついているので

メモ用紙などを挟むクリップにも使えます。

苺ジェラートのコーンは乾燥する前の薄い粘土生地を

うまく形作るのが難しいようです。

コーンの凸凹の立体感を出すためにアクリル絵の具を使って

ベースカラーの粘土の色を調節したり、

凸凹の上から指で薄く着色を加えるなど苦労があったようです。

細かい技術は材料と指の感覚とでコツコツ磨くものとか・・・、

他の作家さんもその辺は自分の研究結果ですから

技術は人に教えたくないものなのでしょうね、

フェイクスイーツの作りかたの本にはザックリした作りかたは載っていても

細かい技術や材料のクセなどは載っていないものが多いですね。




何度も何度も失敗を重ねて材料の調合やインクの分量などが

マッチングしていくそうなのですが、

私だったら途中でやめちゃうな~って思いました。

お菓子などの写真を熱心に集めたり食べたスィーツの写真を撮っておいたり

観察のセンスも必要だと感じた。

3枚めの写真は私にくれたバレンタインチョコ

こちらもフェイクです

チョコがついたクッキーも入っています。