UTオリジナルTシャツが届いたぞなもし~♪

オニューの眼鏡

今晩は♪かなしろです。

おちごとの納品した後は疲れきって昼まで起きれません、

息子(17歳)は用意したお弁当を持って静かに学校へ行くらしく

ダメ母は朝グーグー寝ていたりします。

連日、目が開かない・・・眼精疲労ね・・・

主治医がね眼鏡が合わないのも原因じゃないの?って言うからね・・・

この度お店の人を困らせながら「あーでもないこーでもない」と

レンズの調整を一時間ほどしてもらいました。

やな客だな・・・。

運転や普段の日常は裸眼なのですが、作業中だけは眼鏡が必要です。

(><)5年経過すると眼鏡って合わなくなるんですね。







そんな目の困りごとを抱えている中、

ユニクロさんのオリジナルTシャツをリリースした中の一つを頼んでみまして、

やっと届きました。






工場Tシャツ画像小


工場Tシャツ画像大サムネイル用




暗い生地の上にプリントした場合、色がちゃんと映えるのか?と心配しましたが

ネイビーカラーの生地にプリントする際に生地に白の下地色を置いてからプリントしているようです、

ホワイトのTシャツのときのプリントとはまた異なるインクの素材感はそのでいでしょうか?

生地がブラックやネイビーでもきれいにプリントされてイイ感じです。

↓こちらがTシャツに使った元画像でございます。





ドッグ



ご自分のペットの写真やデザインしたイラストなどをリリースして皆さん楽しんでいるようですが、

今現在アプリの機能の問題で全ての作品が見れない状態です、

面白いサービスなのでUTのアプリのSNSのサービス機能を早く使えるようにしていただき、

デザイン検索がサクサクと軽くなってくれるとありがたいです。

ヤフオクのカテゴリーみたいになってくれると見やすいな~などと思いつつ過ごしています。













スポンサーサイト

母は万年眠い、麹(甘酒)パワーでのりきる。

げんきイラスト
講談社「げんき」の記事内で使用したイラスト:かなしろにゃんこ。


なんでしょうね、すっげ毎日眠い・・・

世の中の子育て中のお母さんはだいたい毎日眠いですよね。

子どもが大きくなってもまとめて眠ることができないものなのですね、

乳飲み子を抱っこしていたときは「15年後は楽になるはず・・・」と信じていたのにな~。

10年前なら仕事がくそ忙しくても家事も育児も両立できたのですが、

40歳になった途端に夕方はまぶたが閉じてくる~~

もう夕飯作るときには眠くて気持ち悪い日もある~

息子のお弁当の用意とか

もうくじけそうになる~(>△<)

なんとか元気を夜まで繋げたいので

飲む点滴といわれる甘酒をショットグラスに一杯ひっかけています。

アルコール成分のない、加糖のない米麹から作った甘酒!というのが一番いい感じ。

加糖のないものでも麹の甘さが充分なので甘酒と牛乳を割って飲むと

すっげーーーーー美味しい!

一週間ほど続けていますが

肌の調子がすっげーーーーイイです。

麹さんの力で腸が整ってきたのかしら?

塩麹+牛乳+ホットレモン液 この組み合わせも美味しいです!

眠くなったら太らない程度に少量の甘酒ひっかけていこう

いつまでもその美しさを保ちたい

そこのお母さん!

すぐ甘酒少量で試してみてーーーー!

ニキビに悩む中高生にも

もしかしたらノンアルの甘酒なら肌の調子にいいのではないか?と思ったので、

少しニキビの残るうちの息子で試してみたいと思います。

息子(16歳)は実験体(^▽^)














フェイクスイーツ再び

かなしろの姉が作ったフェイクスイーツの紹介です。

創作を初めて一年くらいでしょうか

最初は私が趣味でエポキシ樹脂などのプラスチック工作をやりたくて

材料を集めておりました。

姉にフェイクスイーツ用の粘土などを勧めたところ

メキメキと腕を上げる。





フェイクスイーツ3







フェイクスイーツ3







フェイクスイーツ1




写真1のタルトは直径5センチくらいでブローチ台に付けてあります。

クリップ金具とブローチ金具がついているので

メモ用紙などを挟むクリップにも使えます。

苺ジェラートのコーンは乾燥する前の薄い粘土生地を

うまく形作るのが難しいようです。

コーンの凸凹の立体感を出すためにアクリル絵の具を使って

ベースカラーの粘土の色を調節したり、

凸凹の上から指で薄く着色を加えるなど苦労があったようです。

細かい技術は材料と指の感覚とでコツコツ磨くものとか・・・、

他の作家さんもその辺は自分の研究結果ですから

技術は人に教えたくないものなのでしょうね、

フェイクスイーツの作りかたの本にはザックリした作りかたは載っていても

細かい技術や材料のクセなどは載っていないものが多いですね。




何度も何度も失敗を重ねて材料の調合やインクの分量などが

マッチングしていくそうなのですが、

私だったら途中でやめちゃうな~って思いました。

お菓子などの写真を熱心に集めたり食べたスィーツの写真を撮っておいたり

観察のセンスも必要だと感じた。

3枚めの写真は私にくれたバレンタインチョコ

こちらもフェイクです

チョコがついたクッキーも入っています。










フェイクスイーツ

フェイクスイーツ2

年子の姉が作ったフェイクスイーツをもらったので

写真でご紹介したくなりました(^^)

スマフォの写真だからキレイじゃないな・・・。

チョコレートサンデーとイチゴサンデーの大きさは

縦7センチくらいです。

アイス部分は軽量粘度、クリームはシリコン、

イチゴは粘度にガラス絵の具で艶出ししてあり

シロップやチョコもガラス絵の具のようです。

朝起きたら玄関にフェイクスイーツが何個か置いてあり

ビックリしたっす。

フェイクスイーツ1






フェイククッキーとフェイクきのこ

今日は私の姉が作ったフェイククッキーと
きのこの作品をアップしました。

私がフェイクスイーツが好きでそれらの本を購入して姉に見せたところ、
姉はサクサクと作って持ってきてくれた!

初めて作ったのに上手。
粘度の形を整えたりに着色するのって
とても難しいのにさらっとやれちゃう手先のよさ・・・。




クッキー1



クッキー2






花壇に生えてくる黄色い茸をモデルに
きのこの置物も作ってくれた。

黄色に白いドット模様がある茸を
リアルに表現してあるんですが
自然光が強すぎて上手に撮れなかった。

我が家の花壇です。



きのこ1



きのこ2



他にも猫型クッキーと
フェイクきのこの森など続々創作する姉・・・

妹の私はいつも「すげーーー」と関心するばかり。