障害年金と就労」埼家連・障害年金支援研究会のお知らせ




こんにちは、かなしろです。

話題にするのもイヤなことですが、

障害者施設で起きた事件は本当に悲惨で容疑者の身勝手な考えに腹が立ちました。

仮に薬物の力が作用して行動を起こしたら腹立たしさは二倍だわ・・・

私はある人にこう教えてもらったことがあります、

「精神性が高いのは本当は障害がある人なのです、

その方々をお世話している方々も精神性は高くなりますが、

障害のある人はもっともっと高いのですよ!だって近くにいる人に

尊いお仕事を与えているから」これを聞いたときには

そっかーーーーなるほどーーー!!と衝撃を受けました。

そのことを意識してから数日後、

ダウン症で書道家の金澤翔子先生がテレビに出ていました、

翔子先生をお育てになった金澤泰子さんからあったかいものをガンガン感じて涙が出てきました。

金澤 翔子 公式サイト

精神性が高いというものがどういうものなのか私はよく分からなかったのですが

金澤翔子先生親子がそうなんじゃないかと感じたのです。

この精神性というものがなんなのか?どういうものなのか?

研究しながら意識して障害がある人とお付き合いしていけるといいな~と思うのでした。





そして、

障害がある家族、または当事者、支援者の方へ

日本福祉大学教授の青木聖久先生からお知らせです。




どなたでも参加できる『障害年金に関する研修会』のご案内です。



障害年金と就労」埼家連・障害年金支援研究会
お問合せ先、詳しくはこちらをご覧ください。



私は、
添付のご案内にも記載していますように、この1年間、厚労省年金局の検討会の委員として
頭をフル回転させ、夢にでも出てくるような日々を送っていました。

その一方、
この検討会の有無に限らず、もともと障害年金の支給停止に注目していました。
とりわけ、
就労との関係による支給停止が大きいのではないか、という問題意識から、
2013年度より、国の科学研究費を受け、「精神障害者の生活支援における障害年金と就労との関係性」というタイトルで、
色々と取り組んでいたのです。

実は、検討会は、ガイドラインのことが注目されていますが、
もう一つの命題が就労評価だったのです。

これらのことも含めて、
今回は、

埼玉県の家族会が主催(精神障害者の障害年金支援研究会も共催)して、
10月14日(金)に、研修会を開催させていただきます。

加えて、
この大切でありながら、これまで十分に評価されなかった「就労」と障害年金との関係を
パネルトークでより深めたいと存じます。
パネラーは、
障害年金と就労との関係に、かなり高い見識をお持ちの方です。

また、同様の研修会を、関西でも実施する予定です。

11月26日(土)神戸市を予定

なお、参加を希望される方は、
添付の申し込み先に事前予約が必要です。
その際、学生(通信教育)でありながら、職場をお持ちの方は、
基本的に、現場(職場)の方の立場を優先して、「所属」として、申し込まれてください。

その職場は、社会福祉関係である必要はございません。

また、今回は、当事者、
PSWや家族の方々等にも参加をお願いしたいので、
ぜひ、ご所属されている団体、各都道府県のPSW協会や、家族会等にも、拡散くださると幸いです。

広報をお願いします。









スポンサーサイト

次の書籍・コミックルポの原稿

*\(^o^)/*こんばんわ
かなしろです。

今夜は少しハイテンション☆

先程、次の本・発達障害のコミックルポの原稿の下書き160枚を書き終えたところです=3

は〜〜たくさんのページに書いても書いても終わらず
先が見えないよーな毎日でしたが
今は達成感!

これからペン入れとスクリーントーン貼りを永遠に作業するので
まだまだ大変ですが、今夜は久しぶりにゆっくり眠れそうです。

発達障害がある人のひとづき合いと恋愛、結婚がテーマのコミックルポなのですが、
取材を開始してから3年も経ってしまいました。

長い‥‥‥長すぎる。


私がグズグズしていたせいです
(/ _ ; )


でもここまで来たら終わる(仕上がる)気がしてきました。

では引き続き頑張ります!


早く本のタイトル決まらないかな〜〜

タイトルは編集者さんが決めてくれるのです。

このコミックルポが完成したら
次は「うちの子はADHD」の続編の予定のよーなので、しばらく原稿漬けです。

その他
発達障害関係のお仕事やお国からいただくマンガのお仕事なんかもあるので、
公にしてよいと許可をいただいたら発表させていただきますです〜〜。




かなしろが生きていけるのも
皆様のおかげでございます!

いつもブログに訪れていただいている方、
読者の皆様本当にありがとうございます。

貧乏暇なしで馬車馬のように働きます
(つД`)ノ ヨヨヨ〜‥‥‥

















息子に貸したお金

げんき12
かなしろにゃんこ。
2014年げんき使用イラスト






バイトを続ける高2の息子は毎月バイトで稼いでいても

給料日から一週間すぎると私からお金を借りる・・・。

そして給料日にまた返済するという自転車操業的な繰り返しです。

返さないと利子はトイチになるルールなんですが、

とりあえずは毎月決まった額を返済するので信用はあると考え

貸すことにしていますが、

最近返済額が増えてきました。

お兄ちゃんにもお金を貸しているのですが、

こちらは返済の相談が遅くなったりと返済の意欲だけは受け取っています。

困ったときはお互いさまなので貸すわけですが、

私が金銭で困るときには

みんなは助けてくれるのだろうか・・・ちょっと不安だわ~。

取り立ては曖昧にせずガンガンいってますが

自分も若いころにお金で困った出来事が多いので

返済額の相談にのってあげたりと少し甘くなっているのです。

自分の辛かった記憶と重ね合わせて子どもにゆるくなってしまうのは

いけないものか?いいのか?どの程度ならいいのか?

そろそろ完全に突き放すかとか来年はハッキリさせねばと考えているこの頃・・・。



アレはいじめ⁈五輪エンブレム撤回報道番組


佐野氏の五輪エンブレム撤回の報道にネットユーザーの喜ぶコメントをわざわざ放送するテレビはどうかしている。

ネットの誹謗中傷のことを良くないと報道番組などで散々伝えていたでしょうに、

報道番組がそんなことをしているんですね、
あきれます。

佐野氏のデザインが盗作かどうかはとりあえず置いておいて、

報道番組の作り方が酷いな〜〜と感じたのですよ、
ネット上だけで報道さえもいじめをされているのではないでしょうか?

盗作かどうかはネットユーザーが調べた結果だとしても、五輪エンブレム撤回の報道に喜ぶネットユーザーの声を乗せるのは下品‼︎

そう感じたのでした。

皆さんは言いたいことを吐き出す妖怪です、

恐いですね。

正しいことをしているのかもしれませが、

私にはイジメに見えます。

こんな感じの妖怪です(つД`)ノ



ほん怖のアイキャッチが好きで

テレビから写メ。



肉球新党⁈ ネコのチラシ

肉キュー新党

「猫の生活が第一」(^O^)
このようなチラシがポストに投函されていて笑いました。

「雨ニモマケズ」が「阿倍ニモマケズ」と風刺的なものに変わっていて面白いな〜〜と思いました。

面白いということだけで

あの党はダメだとか

この党を支持するとかではありません。

政治に興味を持たせる作戦として面白いと思います
(^L^)

ネコ駅長やネコ店長などいますから、

ネコ大臣とか和みそう。